朝っぷ!20211201

20211201 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は反落、 ダウは652ドル22セント(1.9%)安の 3万4483ドル72セントとほぼ1カ月半ぶりの 安値で終えた。 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の 30日の議会証言を受けて、米金融政策の 正常化が想定より早く進むとの見方が強まり、 幅広い銘柄に売りが優勢となった。 新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の 感染拡大の懸念も相場の重荷だった。 パウエル議長は「テーパリング(量的金融緩和の縮小)を 2〜3カ月早く終えるのを検討することが適切だ」と述べ、 12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で 議論する考えを示した。インフレについても 「(物価上昇要因は)一時的との文言を 撤回する時期に来ている」と述べた。 高まるインフレ圧力を抑えるため、 FRBは金融引き締めを前倒しで進めると 受け止められた。 オミクロン型への懸念も投資家心理を冷やした。 既存のワクチンや治療薬はオミクロン型への 効果が薄いとの報道や発表が相次いだ。 感染が広がり、世界経済の回復が遅れるとの見方を 誘った。ダウ平均は引け間際に711ドル安まで下げた。 投資家心理を測る指標となる米株の変動性指数(VIX)は 前日比18%高い27強と、不安心理が高まった状態である 20を上回って終えた。 ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は反落し、 前日比245.143ポイント(1.6%)安の1万5537.691で 終えた。ネット検索のアルファベットやネット通販の アマゾン・ドット・コムなど主力株は総じて下落。 エヌビディアやアドバンスト・マイクロ・ デバイス(AMD)など半導体株も売られた。
<為替(7:08am)> 米ドル/円 113.1 – 113.15 ユーロ/円 128.31 – 128.36 ユーロ/米ドル 1.1333 – 1.1337 英ポンド/円 150.45 – 150.5 豪ドル/円 80.6 – 80.68 NZドル/円 77.09 – 77.23 ブラジルレアル/円 20.107 – 20.119 南アランド/円 7.1069 – 7.1156 トルコリラ/円 8.3831 – 8.3912
<米国市場> ダウ 34,483.72ドル (-1.86%) S&P500  4,567.00 (-1.90%) ナスダック 15,537.69(-1.55%) 米国債10年 1.4426% NY金 1,776.40ドル (-0.49%) NY原油 66.99ドル (-4.23%) CME日経平均先物 27,675円(+0.74%、大証終値比)
<日本市場>  日経平均 27,821.76円 (-1.634%) TOPIX 1928.35 (-1.033%) 東証1部時価総額 714,021,000百万円 東証1部売買代金  5,489,376百万円 日経平均ボラティリティインデックス 29.13 東証1部全銘柄平均PBR 1.26x 東証1部全銘柄平均PER 14.94x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.20% 個人向変動利付国債10年 0.07% (第140回債・21年11月募集) 新発10年国債 0.050% 新発20年国債 0.451% 債券先物 151.94(+0.20円) コモンズ30 37,976円(-586円) T&D債券ベア5倍 5,546円(-37円) 
<国内上場企業の話題> ・パソナグループは11月30日、2021年6〜11月期の 連結純利益が前年同期比5%増の45億円になりそうだ と発表した。18%減を見込んでいた従来予想を 10億円上回り、一転増益となる。人材派遣や 人材紹介などが堅調なことに加え、 企業や自治体などの間接部門を請け負う BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業の 売り上げが伸びる。 [パソナグループ(2168) 株価3545円、PBR3.64x、 PER14.92x、配当0.85% 貸借倍率0.8x、 時価総額1477億円。 売上高3500億円、 営業利益200億円、 自己資本比率25.2%]
・トリケミカル研究所が11月30日に発表した 2021年2〜10月の連結決算は、純利益が 前年同期比18%増の31億円となった。 同期間として過去最高だった。 半導体需要の増加で国内外で半導体製造設備への 投資が活発となり、半導体製造に使う 化学材料が好調だった。 [トリケミカル研究所(4369) 株価3500円、PBR5.96x、 PER28.81x、配当0.49%、 貸借倍率17.98x、 時価総額1137億円。 売上高113億円、 営業利益30億円、 自己資本比率74.9%]
・伊藤忠商事は12月に原料の天然ゴムの産地や 流通経路を追跡できるタイヤを英国で発売する。 改ざんが困難なブロックチェーン(分散型台帳)技術で 天然ゴムの取引を記録するシステムを活用した。 森林の乱開発に関わっていないことを証明し、 持続可能な生産や透明性を求めるメーカーや 消費者の需要を取り込む。 [伊藤忠商事(8001) 株価3260円、PBR1.29x、 PER6.46x、配当3.37%、 貸借倍率7.98x、 時価総額5兆1667億円。 売上高12兆3000億円、 営業利益8800億円、 自己資本比率31.6%]
<その他の話題> ・新興市場に上場する企業の2021年7〜9月期決算は、 純利益の合計が前年同期から2.2倍に回復した。 新型コロナウイルスワクチンの普及で経済再開が進み、 需要が急増した半導体関連など製造業がけん引した。 非製造業では企業のIT投資を取り込んだ企業が 利益を伸ばした。3月期決算企業の22年3月期の 純利益は前期比37%増の見通し。 「オミクロン型」が日本でも初確認されるなか、 回復を持続できるかが焦点となる。
・主要な半導体メーカーで構成する世界半導体 市場統計(WSTS)は30日、2022年の半導体市場が 前年比9%増の6014億ドル(約67兆円)と 過去最高になると発表した。6月時点予測 (5734億ドル)から280億ドル上方修正した。 新型コロナウイルス禍で社会のデジタル化が進展し、 通信や情報端末などで半導体需要が伸びる。
・総務省は30日、2020年国勢調査の確定値を公表した。 経済活動の主な担い手となる生産年齢人口 (15〜64歳)は7508万7865人となり、 5年前の前回調査から226万6232人減った。 ピークだった1995年の8716万4721人に比べ 13.9%少ない。人口減時代の成長は一人ひとりの 能力を高め、規制緩和にも取り組んで生産性を どう押し上げるかにかかる。
本日の予定は下記のとおり。
【国内】 ・QUICKコンセンサスDI(11月末時点、8:30) ・7〜9月期の法人企業統計(財務省、8:50) ・安達日銀審議委員が大分県金融経済懇談会であいさつ(10:30) ・11月の新車・軽自動車販売台数(自販連・全軽自協、14:00) ・債券市場サーベイ(11月調査、日銀、16:00) ・5〜10月期決算=伊藤園
【海外】 ・7〜9月期の豪国内総生産(GDP、9:30) ・11月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:45) ・11月のオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)全米雇用リポート(22:15) ・11月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(2日0:00) ・10月の米建設支出(2日0:00) ・米エネルギー省の石油在庫統計(週間、2日0:30) ・米地区連銀経済報告(ベージュブック、2日4:00) (注)時間は日本時間
[ASAP Mail / ST]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です