朝っぷ!20211026

20211026 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は続伸。ダウは、前週末比64ドル13セント(0.2%)高の3万5741ドル15セントと連日で過去 最高値を更新した。市場予想を上回る米主要企業の決算が続くとの期待が投資家心理を支えた。短期的な過熱感 から利益確定売りも出たため、上値は重かった。 調査会社のリフィニティブの25日付の集計によると、米主要500社で第3四半期決算の発表を終えた企業のうち 83%で1株利益が市場予想を上回った。売上高が市場予想を上回った企業も79%に達した。この先も好決算が 続くとの楽観が買いを誘った。今週は主要ハイテク企業の決算が佳境を迎える。 米バイデン政権の看板政策の1つである子育てや教育支援、気候変動対策への歳出・歳入関連法案について与党・ 民主党内での協議進展を好感した買いも入った。当初の3.5兆ドルから大幅に縮小する方向で調整が進むもよう。 党内で歳出・歳入法案で合意できれば、膠着している1兆ドル規模のインフラ投資計画も進むとみられている。 ダウ平均は一時110ドル上げた。映画・娯楽のウォルト・ディズニーやホームセンターのホーム・デポ、クレジット カードのビザなど消費関連銘柄の上昇が目立った。化学のダウや建機のキャタピラーなど景気敏感株も底堅かった。 ダウ平均は朝方には下げる場面もあった。週内の決算を見極めたいとして、ソフトウエアのマイクロソフトなど 主要ハイテク株の一角が下げ、相場の重荷となった。 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前週末比136.506ポイント(0.9%)高の1万5226.706で 終えた。電気自動車(EV)のテスラが13%上昇し、時価総額が初めて1兆ドルを上回った。動画配信のネットフリ ックスも上場来高値を更新した。 多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も反発し、前週末比21.58ポイント(0.5%)高の4566.48 と最高値で終えた。
<為替(7:16am)>  米ドル/円 113.71 – 113.72 0.01% ユーロ/円 132.03 – 132.04 0.02% ユーロ/米ドル 1.1609 – 1.1612 0.03% 英ポンド/円 156.51 – 156.54 0.01% 豪ドル/円 85.15 – 85.18 -0.04% NZドル/円 81.43 – 81.47 -0.06% ブラジルレアル/円 20.467 – 20.47 0.03% 南アランド/円 7.7253 – 7.7339 0.01% トルコリラ/円 11.8517 – 11.8654 0.02%
<米国市場>  ダウ 35,741.15ドル (+0.18%) S&P500  4,566.48 (+0.47%) ナスダック 15,226.71 (+0.90%) 米国債10年 1.6387% NY金 1,806.80ドル (+0.58%) NY原油 83.76ドル (+0.00%) CME日経平均先物 28,810(+0.66%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 28,600.41円(-0.709%) TOPIX 1,995.42(-0.340%) 東証1部時価総額 739,168,800百万円 東証1部売買代金  2,279,285百万円 日経平均ボラティリティインデックス 22.14 東証1部全銘柄平均PBR 1.32 東証1部全銘柄平均PER 15.68x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.04% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第139回債・21年10月募集) 新発10年国債 0.100 新発20年国債 0.700 債券先物 151.23円(-0.07円) コモンズ30 39,241円(-53円) T&D債券ベア5倍 5,683円(+13円)
<国内上場企業の話題> ・日本航空(JAL)は2023年から国内線の基本運賃を見直す。普通運賃のほかに「先得」など8種類ある早期割引を 廃止し、予約の変更ができるかなどの条件の違いを基にした3種類ほどの運賃に絞る。低採算の値引き販売を減らす ため一部の顧客には値上げとなる。新型コロナウイルス禍で利用客が落ち込んでおり、コスト削減と合わせた運賃の 見直しで業績を底上げする。 [日本航空 (9201) 株価 2,460円、 PBR 1.13x、PER -x 配当 0%、貸借倍率 15.9x、 時価総額 1兆754億円。 売上高 9,100億円 営業利益 -380億円 自己資本比率 42.4%]
・25日の東京株式市場でファーストリテイリングの株価が3日続落し、約1年ぶりの安値を付けた。中国での新型 コロナウイルスの感染再拡大や、「巣ごもり需要」の反動で国内ユニクロ事業の収益悪化への懸念などを背景に 売りがかさんだ。 [ファーストリテイリング (9983) 株価 70,000円、 PBR 6.4x、PER 40.86x 配当 0.74%、貸借倍率 2.15x、 時価総額 7兆4,252億円。 売上高 2兆3,000億円 営業利益 2,650億円 自己資本比率 44.7%]
・コーエーテクモホールディングスが25日発表した2021年4〜9月期の連結純利益は、前年同期比53%増の181億円 だった。新作ゲームに加えて、発売から1年以上経過する旧作が海外でも好調だった。営業外の有価証券売却益も 増え、4〜9月期として2期連続で過去最高となった。 [コーエーテクモホールディングス (3635) 株価 5,310円、 PBR 5.35x、PER 28.46x 配当 1.69%、貸借倍率 2.31x、 時価総額 8,923億円。 売上高 740億円 営業利益 300億円 自己資本比率 85.1%]
<その他の話題> ・米フェイスブックが利用者の安全を軽視しているなどといった企業体質への批判が広がっている。大量の内部文書 を持ち出して同社を批判してきた元社員が25日、米議会に続いて英議会の公聴会で証言した。米有力メディアが 連携して同社の管理体制の不備を報じるなど異例の展開になっており、先行きの不透明さが増している。
・24日で発売から1カ月となった米アップルの「iPhone13」の出足が国内で低調だ。調査会社のBCN(東京・ 千代田)によると、累計販売台数は2020年発売の12シリーズの57%にとどまる。機能面で目新しさが乏しいほか、 部品不足などで生産が間に合わず、店頭で品薄なのも響く。入手困難な新品に代わり、足元では割安な従来型の 中古品の流通も増えている。
・東京カンテイ(東京・品川)がまとめた9月の中古マンション平均希望売り出し価格(70平方メートル換算)は、 東京都心6区(千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷)が8月に比べ13万円(0.1%)低い9239万円と11カ月ぶりに 前月を下回った。首都圏全体は5カ月連続で上がっているものの、過熱感から購入を見送る動きも出てきた。
本日の予定は以下の通り 【国内】 ・閣議 ・9月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50) ・4〜9月期決算=日立金、日立建機、日電産、日東電 ・1〜9月期決算=キヤノン ・東証マザーズ上場=CINC 【海外】 ・8月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00) ・9月の米新築住宅販売件数(23:00) ・10月の米消費者信頼感指数(23:00) ・7〜9月期決算=テキサス・インスツルメンツ(TI)、ツイッター、ゼネラル・エレクトリック(GE)、 UPS、アルファベット、スリーエム(3M)、ビザ、マイクロソフト、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD) (注)時間は日本時間
[ASAP Mail / EM]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です