朝っぷ!20210929

20210929 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は5営業日ぶりに反落。 ダウは、前日比569ドル38セント(1.6%)安の3万4299ドル99セント。 米長期金利が一時、6月中旬以来の水準に上昇し、 金利が上昇すると相対的な割高感が意識されやすいハイテクなど高PER(株価収益率)銘柄が売られた。 米連邦債務の上限問題への懸念も投資家心理を冷やした。 28日の米債券市場で長期金利が一時1.56%と前日終値(1.48%)から大きく上昇した。 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表された22日以降、 長期金利はほぼ一本調子で上昇している。 急速な金利上昇を警戒した主力ハイテク株への売りが相場の重荷となった。 ソフトウエアのマイクロソフトが4%近く下げ、 顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムとスマートフォンのアップルも売られた。 米上院共和党は27日、12月までのつなぎ予算と2022年12月まで米連邦政府の 債務上限の適用を凍結する措置を一体化した法案の上院本会議での採決を阻止した。 10月以降の財源が確保できず、米連邦政府の閉鎖やデフォルト(債務不履行)の可能性が意識された。 投資家心理が悪化し、幅広い銘柄に持ち高調整や利益確定を目的とした売りが広がった。 ダウ平均の下げ幅は午後に600ドルを超えた。 ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は3日続落し、 前日比423.287ポイント(2.8%)安の1万4546.683と8月19日以来の安値で終えた。 下落率は今年3番目の大きさ。主力株は軒並み下げ、ネット検索のアルファベットとフェイスブックが4%安。 半導体関連株の下げが目立ち、 アナリストが投資判断を引き下げた半導体製造装置のアプライドマテリアルズ(AMAT)は7%安。 アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は6%安、エヌビディアは4%安などとなった。
<為替(6:47am)>  米ドル/円 111.49 – 111.51 -0.01% ユーロ/円 130.21 - 130.29 -0.03% ユーロ/米ドル 1.1679 - 1.1683 -0.02% 英ポンド/円 150.98 - 151.03 0.06% 豪ドル/円 80.71 -  80.77 -0.01% NZドル/円 77.52 -  77.61 -0.09% ブラジルレアル/円 20.534 -20.54 0.00% 南アランド/円 7.3774 - 7.3919 -0.04% トルコリラ/円 12.55 - 12.5663 0.03%
<米国市場>  ダウ 34,299.99ドル (-1.63) S&P500  4,352.63 (-2.04%) ナスダック 14,546.68(-2.83%) 米国債10年 1.5357 NY金 1,737.50ドル (-0.83%) NY原油 75.29ドル (-0.21%) CME日経平均先物 29520円(-1.30%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 30,183.96円(-0.185%) TOPIX 2,081.77(-0.285%) 東証1部時価総額 770,936.500百万円 東証1部売買代金  3,810.502百万円 日経平均ボラティリティインデックス 21.12 東証1部全銘柄平均PBR 1.38x 東証1部全銘柄平均PER 16.40x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.95% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第138回債・21年9月募集) 新発10年国債 0.070 新発20年国債 0.457 債券先物 151.37円(-0.25円) コモンズ30 40340円 (-182円) T&D債券ベア5倍 5660円(+46円)
<国内上場企業の話題> ・「つながる車」が生み出す走行データで稼ぐ動きが本格化してきた。 ホンダは道路や街の混雑状況などを分析し外販する新事業を開始。 独BMWや米ゼネラル・モーターズ(GM)などは走行データの取引所に参加する。 保険会社や自治体などが買い手となる。走行データは2030年に44兆円の付加価値を生むとの試算もある。 膨大なデータの扱いにはプライバシー保護などの課題もある。 [本田技研工業 (7267) 株価 3,555円、 PBR 0.68x、PER 9.18x 配当 3.09%、貸借倍率 5.41x、 時価総額 6兆4396億円。 売上高 15兆4500億円 営業利益 7800億円 自己資本比率 42.4%]
・エーザイと米バイオジェンは28日、 共同開発のアルツハイマー型認知症新薬候補として2つ目となる「レカネマブ」について、 米食品医薬品局(FDA)へ製造販売の承認申請を開始したと発表した。 6月下旬に審査を優先する「画期的医薬品」に指定されており、従来計画から前倒しで申請手続きを始めた。 [エーザイ (4523) 株価 8,777円、 PBR 3.58x、PER 43.02x、 配当 1.82%、貸借倍率10.03x、 時価総額 2兆6029億円。 売上高 7010億円 営業利益 760億円 自己資本比率 64.0%]
・NTTは28日、2040年度までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロとすると発表した。 通信インフラの消費電力は急増する見通しで、脱炭素への取り組みで対応する。 太陽光発電など再生可能エネルギーの拠点を自前で整備し、 消費電力を大幅に削減する独自の光技術の導入も進める。 特に電力の利用が多い携帯通信の基地局とデータセンターについては、30年度までの排出ゼロを目指す。 [日本電信電話 (9432) 株価 3,208円、 PBR 1.54x、PER 10.69x、 配当 3.43%、貸借倍率 6.17x、 時価総額 12兆5137億円。 売上高 12兆0000億円 営業利益 1兆7300億円 自己資本比率 33.5%]
<その他の話題> ・自民党は29日投開票の総裁選で菅義偉首相(党総裁)の後継となる新総裁を選出する。 国会議員票と党員・党友票による1回目の投票で決着がつかず決選投票となるのが確実な情勢だ。 議員票で優位に立つ岸田文雄氏と党員票で優勢な河野太郎氏を軸とする構図となってきた。
・インフレ懸念が再燃し、世界の市場を揺さぶっている。 米国の5年国債利回りは28日、1年7カ月ぶりの水準まで上昇したほか、原油先物も同日、 一時3年ぶりの高値をつけた。供給制約に伴うインフレが想定より長引くとの懸念が広まったためで、 米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和の年内縮小の方針も合わせ、 市場の様相が大きく変わろうとしている。
・9月末の会計年度末が迫り、米議会を舞台に財政を巡る攻防がヤマ場を迎える。 10年で計3.5兆ドル(約390兆円)の財政支出をめざす法案に関し、与党民主党内の調整が難航。 野党共和党は政府の一時閉鎖と資金枯渇を避けるための法案の上院採決を27日、阻止した。 金融市場を揺るがしかねない火遊びが続く。
本日の予定は以下の通り。 【国内】 ・自民党総裁選投開票(自民党、13:00) ・三村日商会頭の記者会見(13:00) ・3〜8月期決算=西松屋チェ ・東証マザーズ上場=プロジェクトカンパニー、セーフィー 【海外】 ・タイ中銀が政策金利発表 ・8月の仮契約住宅販売指数(23:00) ・米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30) ・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が討議に参加(ECBフォーラム、30日0:45) ・ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が討論会に参加(30日6:00) (注)時間は日本時間 [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です