朝っぷ!20210924

20210924 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は続伸。ダウは、前日比506ドル50セント(1.5%)高の3万4764ドル82セントで終えた。 米連邦公開市場委員会(FOMC)を無難に通過し、様子見姿勢を強めていた投資家の買いが幅広い銘柄に入った。 中国不動産大手の中国恒大集団の債務問題への警戒感がひとまず和らいだことも投資家心理を上向けた。 過去2日間の上げ幅は844ドルとなった。 米連邦準備理事会(FRB)は22日に開いたFOMCで、テーパリング(量的緩和の縮小)が「近く正当化される」 と年内開始を強く示唆した。一方で利上げ開始には時間がかかることから、当面は緩和的な金融環境が続くと 受け止められた。市場ではほぼ想定通りの内容と受け止められた。 中国恒大は人民元建て社債の利払いを実施すると発表した。市場では中国特有の問題であり「米国の銀行や金融 システムに悪影響を与えるような問題ではない」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)との見方が優勢に なりつつある。FRBのパウエル議長が22日の記者会見で、中国恒大の経営不安への見解を問われ「米国の社債の 債務不履行(デフォルト)率は非常に低い」と述べ、米中の金融環境は違うとの見解を示したことも安心感に つながった。 景気敏感株が買われ、化学のダウや建機のキャタピラーが高い。米長期金利が一時1.4%台にのせ、利ざや改善の 思惑から金融のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスの上げも目立った。2022年1月期通期の売上高 予想を引き上げた顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムは7%高となり、1銘柄でダウ平均を120ドル あまり押し上げた。 投資家心理を測る指標である米株の変動性指数(VIX)は前日比11%低い18.63で終えた。不安心理が高まった 状態とされる20を下回った。 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸した。前日比155.397ポイント(1.0%)高の 1万5052.244で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株はそろって堅調。 エヌビディアが2%高で終えるなど半導体株も総じて買われた。
<為替(7:17am)>  米ドル/円 110.26 – 110.28 -0.04% ユーロ/円 129.48 – 129.5 -0.01% ユーロ/米ドル 1.1742 – 1.1743 0.05% 英ポンド/円 151.29 – 151.37 -0.04% 豪ドル/円 80.49 – 80.5 0.07% NZドル/円 77.97 – 77.98 0.00% ブラジルレアル/円 20.787 – 20.794 -0.04% 南アランド/円 7.469 – 7.4855 -0.09% トルコリラ/円 12.535 – 12.5882 -0.29%
<米国市場>  ダウ 34,764.82ドル (+1.48%) S&P500  4,448.98 (+1.21%) ナスダック 15,052.24 (+1.04%) 米国債10年 1.4113% NY金 1,749.80ドル (-1.63%) NY原油 73.30ドル (+1.48%) CME日経平均先物 30,100(+1.96%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 29,639.40円(-0.671%) TOPIX 2,043.55(-1.071%) 東証1部時価総額 757,422,400百万円 東証1部売買代金  2,890,103百万円 日経平均ボラティリティインデックス 24.14 東証1部全銘柄平均PBR 1.36 東証1部全銘柄平均PER 16.12x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.98% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第138回債・21年9月募集) 新発10年国債 0.035 新発20年国債 0.424 債券先物 151.86円(+0.03円) コモンズ30 39,966円(-504円) T&D債券ベア5倍 5,570円(-6円)
<国内上場企業の話題> ・ファナックは電気自動車(EV)の生産を効率化できるロボットの量産を12月から始める。アームの可動域を 広げ、リチウムイオン電池の搬送・組み立てなどを省スペースでできるようになる。自動車各社がEVシフトを 進めるなか、生産の自動化需要を取り込む。 [ファナック (6954) 株価 24,865円、 PBR 3.35x、PER 29.81x 配当 2.01%、貸借倍率 3.29x、 時価総額 5兆205億円。 売上高 7,400億円 営業利益 2,000億円 自己資本比率 88.1%]
・ホンダは米グーグルとの連携を強化する。2022年から世界各地で販売する主要な車種にグーグルの基本ソフト (OS)を搭載し、スマートフォンがなくても経路案内や音楽再生などのサービスを車内で利用できるようにする。 IT(情報技術)大手の技術を活用し、利便性を高めつつ開発コストの低減につなげる。 [本田技研工業 (7267) 株価 3,285円、 PBR 0.62x、PER 8.48x 配当 3.35%、貸借倍率 4.5x、 時価総額 5兆9,505億円。 売上高 15兆4,500億円 営業利益 7,800億円 自己資本比率 42.4%]
・高島屋はアパレルメーカーと店頭で回収した衣料を再生し、販売する取り組みを始める。10月から三陽商会など 15社・ブランドが発売し、最大100社ほどに広げる。百貨店での販路を確保しつつ、量産効果で収益も確保しや すくし、再生衣料の普及につなげる。小売りとメーカーが大規模に連携するのは珍しい。消費者の環境意識が 高まるなか、価格面を含め持続可能な循環システムを構築する。 [高島屋 (8233) 株価 1,149円、 PBR 0.49x、PER 27.36x 配当 2.09%、貸借倍率 11.01x、 時価総額 2,042億円。 売上高 7,850億円 営業利益 100億円 自己資本比率 35.0%]
<その他の話題> ・新型コロナウイルスを治療する飲み薬が年内にも登場する見通しだ。米メルクや米ファイザーが軽症者に使える 薬剤の最終段階の臨床試験(治験)を、日本を含む各国で進めている。点滴タイプの既存の治療薬と比べて投与 しやすいうえ、量産が簡単なためコストも抑えられる。パンデミック(世界的な大流行)の収束につながると 期待されている。
・環太平洋経済連携協定(TPP)は中国に加えて台湾も加盟を申請したことで、自由主義と権威主義の覇権争いの 舞台の様相を呈してきた。茂木敏充外相は23日、台湾の申請を「歓迎したい」と表明したが、加盟国の対応には 温度差がにじむ。本来は対中包囲網を期待されたTPPにとって試練となる。離脱した米国が身動きをとれない中、 自由主義陣営の一角として日本は重責を担う。
・自民党総裁選は1回目の投票でどの候補も過半数に届かず、決選投票になるとの見方が強まってきた。過去の 決選投票4例のうち2回で逆転があったものの、党員・党友票が導入されてから与党として決選投票を迎えた前例 はない。各陣営が議員の投票行動を読み切れない要因となっている。
本日の予定は以下の通り 【国内】 ・閣議 ・8月の全国消費者物価指数(CPI、総務省、8:30) ・3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) ・8月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00) ・8月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30) ・東証マザーズ上場=レナサイエンス 【海外】 ・タイ市場が休場 ・9月の独Ifo企業景況感指数 ・8月の米新築住宅販売件数(23:00) ・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(23:00) ・クラリダFRB副議長とボウマンFRB理事が討議に参加(23:00) ・日米豪印4カ国(クアッド)首脳会議(ワシントン) (注)時間は日本時間
[ASAP Mail / EM]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です