朝っぷ!20210719

20210719 ASAP by Sustainable Investor
<先週末のNY動向> 先週末の米株式市場は3日ぶりに反落。ダウは、前日比299ドル17セント(0.9%)安の3万4687ドル85セント。 新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感から投資家心理が悪化し、幅広い銘柄に売りが出た。 ダウ平均は取引終了にかけ下げ幅を広げる展開だった。 アジアを中心に世界で新型コロナの感染力の強いインド型(デルタ型)の感染が広がっている。 米国でもデルタ型の拡大を受け、カリフォルニア州ロサンゼルス郡の保健当局は15日、 ワクチン接種の有無に関係なく屋内でのマスク着用を17日から再度義務付けると発表した。 同日発表の7月の米消費者態度指数(ミシガン大学調べ)速報値が80.8と市場予想(86.3)を大きく下回った。 同調査では消費者の1年後の予想インフレ率が6月の4.2%から4.8%に上昇し、 米家計が住宅や耐久消費財などの値上がりへの懸念を強めていることも明らかとなった。 午前中にダウ平均は上昇する場面もあった。 ダウ平均は寄り付き直後に12日に付けた過去最高値を一時、上回った。 6月の米小売売上高が減少だった市場予想に反して増加し、消費の底堅さを好感した買いが入った。 ただ、高値警戒感や週末を控えた持ち高調整の売りが強まり、ダウ平均は下落に転じた。
<為替(6:52am)>  米ドル/円 110.05 - 110.06 -0.03% ユーロ/円 129.92 - 129.96 -0.03% ユーロ/米ドル 1.1807 -  1.181 0.02% 英ポンド/円 151.48 - 151.53 -0.03% 豪ドル/円 81.43 -  81.52 0.06% NZドル/円 77 -  77.09 0.08% ブラジルレアル/円 21.51 -21.518 -0.03% 南アランド/円 7.6337 - 7.6424 -0.13% トルコリラ/円 12.8863 - 12.931 -0.11%
<米国市場>  ダウ 34,687.85ドル (-0.86%) S&P500  4,327.16 (-0.75%) ナスダック 14,427.24(-0.80%) 米国債10年 1.3003% NY金 1,815.00ドル (-0.77%) NY原油 71.81ドル (+0.22%) CME日経平均先物 27790円(-0.50%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 28,003.08円(-0.976%) TOPIX 1,932.19(-0.382%) 東証1部時価総額 717,562,700百万円 東証1部売買代金  2,155,015百万円 日経平均ボラティリティインデックス 19.63 東証1部全銘柄平均PBR 1.31x 東証1部全銘柄平均PER 15.94x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.02% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第136回債・21年7月募集) 新発10年国債 0.020 新発20年国債 0.389 債券先物 152.26円(-0.08円) コモンズ30 37430円(-308円) T&D債券ベア5倍 5513円(+15円)
<国内上場企業の話題> ・西武ホールディングス(HD)は「ザ・プリンスパークタワー東京」など プリンスホテルやレジャー施設などを売却する方針を固めた。 対象は国内40施設程度で、売却額は1000億円を超える見通し。 投資ファンドから提案を募っており、今後交渉を本格化する。 運営に特化しつつ、資産を持たずに効率化を進めるアセットライト経営への転換を進める。 [西武ホールディングス (9024) 株価 1,290円、 PBR 1.29x、PER -.–x 配当 0.39%、貸借倍率 3.01x、 時価総額 4172億円。 売上高 4560億円 営業利益 90億円 自己資本比率 17.6%]
・クボタは農業スタートアップなど4社と組み、 野菜のハウス栽培の主な工程を自動化するシステムを開発する。 各社が持つ人工知能(AI)やロボットの技術を持ち寄り、水やりや収穫などにかかる人手を減らす。 野菜栽培はコメなどに比べて省力化が遅れているとされ、 農家の負担軽減とともに収穫量や品質の安定につなげる。 [クボタ (6326) 株価 2,252円、 PBR 1.84x、PER 16.84x、 配当 1.84%、貸借倍率 3.02x、 時価総額 2兆7217億円。 売上高 2兆0500億円 営業利益  2200億円 自己資本比率 46.2%]
・大阪府・市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)で、 米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同グループが 1兆円規模の投資を計画していることが明らかになった。 開業は最速で2028年を目指す。20日に府・市へ提案書を提出する。 [オリックス (8591) 株価 1,900円、 PBR 0.76x、PER 9.23x、 配当 4.11%、貸借倍率 4.71x、 時価総額 2兆4428億円。 売上高 2兆3500億円 営業利益   3000億円 自己資本比率 22.3%]
<その他の話題> ・北米を襲う熱波が資源価格を押し上げている。 米国の一部地域では気温が50度を超えて冷房用に電力需要が急増し、 発電に使う天然ガスの先物価格が高騰した。 自動車のバッテリーに使う鉛も高温で消耗するとの思惑で3年ぶり高値を記録。 菜種といった農作物価格にも影響は及ぶ。頻発する異常気象が引き起こす需給逼迫による資源高は、 世界的なインフレ圧力を一段と強めそうだ。
・世界の企業が新株発行や新規株式公開(IPO)による資金調達を加速している。 2021年1〜6月の調達額は7002億ドル(約77兆円)と、同期間として過去最高を更新した。 新型コロナウイルス禍で打撃を受けた航空や外食が毀損した資本を補充、再編にも踏み出す。 一方、調達額上位に名を連ねた中国のIT(情報技術)企業は 中国政府の海外上場規制で失速する可能性がある。
・政府は所有者が分からない土地の活用促進策の検討に入った。 公共目的で利用できる範囲を広げ、新たに小規模な再生可能エネルギー発電所や防災施設も対象に含める。 使用期限も現行の10年から20年間に延長する方向だ。 少子高齢化で相続されずに放置される土地は増加が続く。 公共事業や地域の再開発の障害となっており、放置すれば経済活動の阻害要因になるとみて、利活用を急ぐ。
本日の予定は以下の通り。 【国内】 ・7月の主要銀行貸出動向アンケート調査(日銀、8:50) ・1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) ・6月と1〜6月期の首都圏・近畿圏のマンション販売(不動産経済研究所、13:00) ・7月の月例経済報告 【海外】 ・7月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00) ・海外2021年4〜6月期決算=IBM (注)時間は日本時間 [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です