朝っぷ!20210716

20210716 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は続伸。ダウは、前日比53ドル79セント(0.2%)高の3万4987ドル02セントで終えた。 好材料が出たり、市場予想を上回る決算を発表したりした一部の銘柄が買われ、ダウ平均を押し上げた。 足元で上昇が目立っていた主要ハイテク株は利益確定売りで下げ、相場の重荷となった。 機械のハネウェル・インターナショナルの上げが目立った。14日夕に21日から米株価指数「ナスダック100」 へ組み入れが明らかになり、指数連動型投信からの買いが期待された。15日朝に発表した2021年4〜6月期 決算で1株利益などが市場予想を上回った医療保険のユナイテッドヘルス・グループも買われた。2銘柄で ダウ平均を70ドル程度押し上げた。 ただ、ダウ平均は過去最高値近辺とあって上値は重く、下げる場面もあった。前日まで長期金利低下や 業績期待を背景に買われてきたハイテク株が利益確定売りに押された。前日に上場来高値を更新した スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトが反落。顧客情報管理のセールスフォース・ ドットコムも売られた。原油安を受け、シェブロンなど石油株も総じて安い。 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、前日比101.819ポイント(0.7%)安の 1万4543.133で終えた。今週に上場来高値を付けたネット通販のアマゾン・ドット・コムやネット検索の アルファベットが売りに押された。 半導体のインテルやエヌビディアも安い。半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)が15日発表 した21年4〜6月期決算で純利益が市場予想を下回り、半導体株全般の売りを誘った。
<為替(7:06am)>  米ドル/円 109.81 – 109.82 -0.05% ユーロ/円 129.71 – 129.76 -0.02% ユーロ/米ドル 1.1813 – 1.1814 0.01% 英ポンド/円 151.85 – 151.9 -0.02% 豪ドル/円 81.53 – 81.54 0.02% NZドル/円 76.69 – 76.71 0.01% ブラジルレアル/円 21.475 – 21.491 -0.04% 南アランド/円 7.5333 – 7.5418 -0.08% トルコリラ/円 12.8045 – 12.8146 0.00%
<米国市場>  ダウ 34,987.02ドル (+0.15%) S&P500  4,360.03 (-0.33%) ナスダック 14,543.13 (-0.70%) 米国債10年 1.2956% NY金 1,829.00ドル (+0.22%) NY原油 71.65ドル (-2.02%) CME日経平均先物 28,090(-0.46%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 28,279.09円(-1.151%) TOPIX 1,939.61(-1.199%) 東証1部時価総額 720,369,100百万円 東証1部売買代金  2,114,214百万円 日経平均ボラティリティインデックス 19.02 東証1部全銘柄平均PBR 1.31 東証1部全銘柄平均PER 16.00x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.01% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第136回債・21年7月募集) 新発10年国債 0.010 新発20年国債 0.374 債券先物 152.34円(+0.04円) コモンズ30 37,738円(-510円) T&D債券ベア5倍 5,498円(-8円)
<国内上場企業の話題> ・ファーストリテイリングは15日、2021年8月期の連結決算で本業のもうけを示す営業利益(国際会計基準) が前期比64%増の2450億円になりそうだと発表した。従来予想(71%増の2550億円)から100億円下方修正した。 「エアリズムマスク」のヒットなどで好調だった国内事業が足元で失速していることや、新型コロナウイルス のアジアでの感染拡大を踏まえた。 [ファーストリテイリング (9983) 株価 79,600円、 PBR 7.7x、PER 48.53x 配当 0.6%、貸借倍率 2.47x、 時価総額 8兆4,435億円。 売上高 2兆3,800億円 営業利益 2,750億円 自己資本比率 42.2%]
・ソフトバンクは15日、オンライン手続き専用の携帯契約プラン「LINEMO(ラインモ)」に、月間のデータ 容量が3ギガ(ギガは10億)バイトで税別900円の低容量プランを追加すると発表した。大容量のデータ通信が 必要ない消費者を呼び込む。 [ソフトバンクグループ (9984) 株価 7,534円、 PBR 1.35x、PER 8.6x 配当 0.58%、貸借倍率 14.64x、 時価総額 12兆9,807億円。 売上高 5兆8,000億円 営業利益 2兆5,000億円 自己資本比率 22.3%]
・パソナグループは15日、2022年5月期の連結純利益が11%増の75億円と2期連続で過去最高になりそうだと発表した。 売上高は5%増の3500億円を見込む。企業などの間接業務を請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング) 事業が伸びる。 [パソナグループ (2168) 株価 2,415円、 PBR 2.66x、PER 14.11x 配当 1.24%、貸借倍率 0.88x、 時価総額 1,007億円。 売上高 3,350億円 営業利益 185億円 自己資本比率 22.7%]
<その他の話題> ・西村康稔経済財政・再生相は15日、新型コロナウイルスワクチンを2回接種した人などを対象にイベントや 飲食店での制限を緩和できないか検討していると明らかにした。抗原検査で陰性だった人も含め「様々な 技術を組み合わせながら実証的なことができないか検討している」と述べた。
・国土交通省の交通政策審議会は15日、東京地下鉄(東京メトロ)が主体となり地下鉄有楽町線の延伸や 品川駅周辺の新線整備を早期に進めるべきだとする答申を赤羽一嘉国交相に提出した。赤羽氏はメトロの 株主である東京都の小池百合子知事と会談し、国と都による路線整備費の支援や完全民営化に向けて株式 を段階的に売却する方針を確認した。
・カリブ海の島国ハイチでモイーズ大統領が暗殺されて1週間あまりが過ぎたが、混乱は収まっていない。 ハイチ警察は逮捕した米在住の医師を首謀者の一人とみて取り調べを進めるが、元上院議員ら3人にも関与の 疑惑が浮上する。大統領の不在で権力争いも起きており、同国と関わりが深い米政府も動向を注視している。
本日の予定は以下の通り 【国内】 ・閣議 ・日銀金融政策決定会合の結果公表 ・7月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」(日銀) ・黒田日銀総裁が記者会見 ・東証マザーズ上場=ラキール 【海外】 ・5月のユーロ圏貿易収支(18:00) ・6月の米小売売上高(21:30) ・7月の米消費者態度指数(速報値、23:00) ・5月の米企業在庫(23:00) ・5月の対米証券投資(17日5:00) (注)時間は日本時間
[ASAP Mail / EM]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です