朝っぷ!20210625

20210625 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は反発。ダウは、前日比322ドル58セント(1.0%)高の3万4196ドル82セントで終えた。 バイデン大統領が上院の超党派議員グループとインフラ投資法案で合意したと表明し、インフラ支出拡大への 期待が強まった。22日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言以降、米利上げ前倒しへの懸念が 薄れたことも買い安心感につながった。 機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数が寄り付き直後に最高値を上回ると、投資家心理が強気に 傾いた。S&P500種は前日比24.65ポイント(0.6%)高の4266.49で終え、過去最高値を更新した。 バイデン大統領が午後、超党派議員が提示した1兆ドルのインフラ投資計画で合意したと表明した。米政権が 掲げる2兆ドル規模の投資計画の一部を切り出す形で道路や橋、空港などの整備に充てる。建設投資拡大の恩恵 を受ける建機のキャタピラーが一段高となった。 朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数が41万1000件と市場予想(38万件)を上回った。6月上旬を境に 減少傾向が止まっており、雇用回復の鈍さからFRBが緩和縮小を慎重に進めるとの見方も意識された。 ダウ平均は一時360ドル近く上げた。取引終了後に公表されるFRBのストレステスト(健全性検査)の結果を 受けて金融大手が株主還元の強化を発表するとの期待から、ゴールドマン・サックスなどの金融が買われた。 ダウ平均の構成銘柄では航空機のボーイングの上げも目立った。 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前日比97.976ポイント(0.7%)高の1万4369.709 と連日で最高値を更新した。ソフトウエアのマイクロソフトや交流サイト(SNS)のフェイスブック、画像処理 半導体(GPU)のエヌビディアなどが上場来高値を更新した。
<為替(6:58am)>  米ドル/円 110.85 – 110.86 -0.01% ユーロ/円 132.25 – 132.29 -0.02% ユーロ/米ドル 1.1929 – 1.1933 -0.01% 英ポンド/円 154.35 – 154.4 0.00% 豪ドル/円 84.05 – 84.1 -0.02% NZドル/円 78.16 – 78.32 -0.17% ブラジルレアル/円 22.55 – 22.561 -0.03% 南アランド/円 7.8024 – 7.8113 -0.02% トルコリラ/円 12.7119 – 12.7477 -0.05%
<米国市場>  ダウ 34,196.82ドル (+0.95%) S&P500  4,266.49 (+0.58%) ナスダック 14,369.71 (+0.69%) 米国債10年 1.4868% NY金 1,776.70ドル (-0.36%) NY原油 73.30ドル (+0.30%) CME日経平均先物 28,980(+0.63%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 28,875.23円(+0.001%) TOPIX 1,947.10(-0.104%) 東証1部時価総額 724,759,800百万円 東証1部売買代金  1,947,542百万円 日経平均ボラティリティインデックス 18.39 東証1部全銘柄平均PBR 1.32 東証1部全銘柄平均PER 16.20x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.99% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第135回債・21年6月募集) 新発10年国債 0.050 新発20年国債 0.425 債券先物 151.65円(-0.03円) コモンズ30 38,188円(-38円) T&D債券ベア5倍 5,628円(+6円)
<国内上場企業の話題> ・家電量販大手のビックカメラが国内のスタートアップ投資に乗り出す。7月にも100億円規模のファンドを 立ち上げ、先進的な技術やアイデアを持つ新興企業に順次投資する。小売業界ではIT(情報技術)大手や スタートアップと協業する動きが相次ぐ。ビックは出資を通じ、生産性向上や独自商品の開発につながる技術 の活用を加速する。 [ビックカメラ (3048) 株価 1,108円、 PBR 1.37x、PER 18.56x 配当 1.35%、貸借倍率 4.75x、 時価総額 2,085億円。 売上高 8,550億円 営業利益 200億円 自己資本比率 30.6%]
・花王は24日、髪を染めるヘアカラーとヘアマニキュアの全商品で、小売店などへの毛束の色見本の提供を 10月以降、終了すると発表した。一部商品で2020年10月にやめていたが、対象を全ブランドに広げる。 [花王 (4452) 株価 6,756円、 PBR 3.52x、PER 24.09x 配当 2.13%、貸借倍率 16.08x、 時価総額 3兆2,091億円。 売上高 1兆5,000億円 営業利益 1,900億円 自己資本比率 56.6%]
・ホンダは24日、主力車種「シビック」の新型を公開した。6年ぶりのフルモデルチェンジとなり、日本では 今秋の発売を予定する。シビックは初代の発売から半世紀近い歴史を誇るホンダを代表する車の一つだ。 マツダやトヨタ自動車に比べて出遅れていた設計開発の効率化手法を取り入れる1号車となる。課題の四輪事業 の低収益の改善につなげる。 [本田技研工業 (7267) 株価 3,531円、 PBR 0.67x、PER 10.35x 配当 3.12%、貸借倍率 1.42x、 時価総額 6兆3,962億円。 売上高 15兆2,000億円 営業利益 6,600億円 自己資本比率 41.4%]
<その他の話題> ・国の2020年度の税収が新型コロナウイルス禍の直撃を受けたにもかかわらず、19年度を上回ることが分かった。 20年12月時点で見込んでいた55.1兆円から3兆円以上の税収の上振れとなり、58兆円を超す。コロナ禍の影響が 想定より軽微にとどまり、法人税収が従来の見積もりを上回る見通しだ。19年10月の消費増税の効果が本格的に 表れたことも税収を押し上げた。
・米国や欧州で新型コロナウイルスのワクチン接種が広がり、人の流れが急回復している。旅行やビジネス需要で 航空機のフライト数は増え、飲食店の予約率もコロナ禍前の水準を回復しつつある。ワクチン接種で出遅れた アジアの回復は鈍いが、米欧は「ワクチン後の世界」を示す先行事例になる。
・大手ネット企業の参入で中国カフェ市場の競争が新たな段階に入っている。足元で騰訊控股(テンセント)や 北京字節跳動科技(バイトダンス)などが新興チェーンに相次ぎ出資し攻勢をかけている。若者が集まり成長力の 高いカフェと自社サービスを結びつけ、ブランドの浸透をはかることで利用者層の拡大につなげる狙いがある。
本日の予定は以下の通り 東京都議選告示(7月4日投開票) 東証マザーズ上場=ステムセル研究所、日本電解 株主総会=スズキ、三菱商事、東芝 1〜3月の資金循環統計速報(日銀) 20年国勢調査人口速報集計(総務省)
[ASAP Mail / EM]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です