朝っぷ!20210615

20210615 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は3営業日ぶりに反落。ダウは、前週末比85ドル85セント安(0.2%)安の3万4393ドル75 セントで終えた。15〜16日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたい投資家が多く、経済再開の 期待から上昇基調にあった消費関連株や景気敏感株に持ち高調整の売りが出た。一方。ハイテク株の一角は 買われ、相場を下支えした。 FOMCでは量的緩和の縮小(テーパリング)の議論を始めるかどうかが注目されている。米連邦準備理事会 (FRB)のゼロ金利政策は2023年までは続くとの見方が優勢だが、目前に迫ったFOMCの結果を確認したい 投資家が多い。 消費関連株や景気敏感株が持ち高調整の売りに押され、ホームセンターのホーム・デポやクレジットカードの ビザ、ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが安い。化学のダウと航空機のボーイング も下げた。21年12月期通期の純金利収入見通しを引き下げたJPモルガン・チェースは2%安だった。 もっとも、米長期金利は1.5%前後で落ち着いており、高PER(株価収益率)銘柄が多いハイテク株への買い が続いた。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムとスマートフォンのアップルは2%上昇した。 ダウ平均の構成銘柄以外では交流サイトのフェイスブック、ネット通販のアマゾン・ドット・コムなど主力 ハイテク株は軒並み上昇。動画配信のネットフリックスも2%高だった。暗号資産(仮想通貨)の ビットコイン価格が4万ドル台を一時回復し、ビットコインの保有が多い電気自動車のテスラや決済サービス のスクエアも上げた。 ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前週末比104.720ポイント(0.7%)高の 1万4174.143で終えた。4月26日以来、1カ月半ぶりに過去最高値を更新した。 機関投資家が運用の参考にするS&P500種株価指数は前週末比7.71(0.2%)高の4255.15で終え、 連日で過去最高値を更新した。
<為替(7:03am)>  米ドル/円 110.05 – 110.06 -0.01% ユーロ/円 133.4 – 133.41 0.01% ユーロ/米ドル 1.2121 – 1.2122 0.02% 英ポンド/円 155.22 – 155.31 -0.06% 豪ドル/円 84.87 – 84.89 -0.01% NZドル/円 78.61 – 78.63 0.01% ブラジルレアル/円 21.748 – 21.752 0.05% 南アランド/円 7.9772 – 7.9889 -0.12% トルコリラ/円 12.9843 – 13.011 0.03%
<米国市場>  ダウ 34,393.75ドル (-0.25%) S&P500  4,255.15 (+0.18%) ナスダック 14,174.14 (+0.74%) 米国債10年 1.4990% NY金 1,865.90ドル (-0.73%) NY原油 70.88ドル (-0.04%) CME日経平均先物 29,235(+0.33%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 29,161.80円(+0.736%) TOPIX 1959.75(+0.293%) 東証1部時価総額 728,448,000百万円 東証1部売買代金  1,964,638百万円 日経平均ボラティリティインデックス 17.29 東証1部全銘柄平均PBR 1.33 東証1部全銘柄平均PER 16.41x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.98% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第135回債・21年6月募集) 新発10年国債 0.035 新発20年国債 0.418 債券先物 151.92円(-0.08円) コモンズ30 37,974円(+126円) T&D債券ベア5倍 5,589円(+4円)
<国内上場企業の話題> ・ファミリーマートは7月、消費期限が迫った商品の値引き販売で新たな仕組みを導入する。煩雑だった店舗での 手続きを簡略化する。フランチャイズチェーン(FC)加盟店に値引き販売を促し、食品ロスを3割程度減らす。 [伊藤忠商事 (8001) 株価 3,266円、 PBR 1.46x、PER 8.82x 配当 2.88%、貸借倍率 7.92x、 時価総額 5兆1,762億円。 営業収益 10兆7,000億円 営業利益 4,900億円 自己資本比率 27.5%]
・14日の東京株式市場でゲーム関連株が大幅に下落した。12日に米国で世界最大級のゲームの見本市「E3」が 開幕した。公開された情報が期待に届かないなどの理由で失望売りが膨らんだ。ゲーム関連はコロナ禍の巣ごもり 消費で2020年度に好業績となった企業が多く、反動減に対する警戒も株価の重荷となっている。 [任天堂 (7974) 株価 65,080円、 PBR 4.14x、PER 19.78x 配当 2.46%、貸借倍率 1.6x、 時価総額 8兆5,690億円。 売上高 1兆7,000億円 営業利益 5,900億円 自己資本比率 74.6%]
・ヤクルト本社は14日、フィリピン南部のミンダナオ島に同国で2カ所目となる新工場を建設すると発表した。 新工場では乳飲料「ヤクルト」などを最大で1日あたり320万本生産でき、同国での生産能力は約7割増える。 同国では所得の増加とともに健康志向が高まり、ヤクルトの需要も拡大している。生産体制を整えて成長市場 で攻勢をかける。 [ヤクルト本社 (2267) 株価 6,520円、 PBR 2.58x、PER 25.52x 配当 0.95%、貸借倍率 2.16x、 時価総額 1兆1,152億円。 売上高 4,000億円 営業利益 450億円 自己資本比率 62.0%]
<その他の話題> ・菅義偉首相は主要7カ国首脳会議(G7サミット)に参加した英国訪問中、今国会の衆院解散に慎重な考えを 示した。野党は15日に内閣不信任決議案を提出する構えで、与党は否決する方針だ。首相は「最優先はやはり 新型コロナウイルス対策だ」と訴えた。政府・与党で9月解散の見方が強まっている。
・連続12年、合計15年におよびイスラエル政治の頂点に座り続けたネタニヤフ首相が退陣した。同氏は規制 緩和などを通じてイスラエルを先端技術企業が勃興する「スタートアップ王国」に変容させ、高い経済成長を もたらした。一方で政権の延命のために民主主義の伝統を傷つけ、パレスチナ和平の停滞など負の遺産も残した。
・総務省は14日、放送事業者に対する外資規制の審査強化に向けた有識者会議の初会合を開いた。7月中に 具体策を示し、有識者会議の結論を待たずに取り組む方針を示した。現行制度は見逃しや抜け道が懸念され、 実例も出ている。実効性の強化に向けた迅速な見直しが求められる。
本日の予定は以下の通り 【国内】 閣議 6月のQUICK短観(8:30) 6カ月物国庫短期証券の入札(10:20) 4月の第3次産業活動指数(経産省、13:30) 桜田同友会代表幹事の記者会見(13:30) 6月のESPフォーキャスト調査(日本経済研究センター、15:00) 【海外】 豪中銀が金融政策会合の議事要旨を発表(10:30) 4月のユーロ圏貿易収支(18:00) 米欧州連合(EU)首脳会議(ブリュッセル) 5月の米卸売物価指数(PPI、21:30) 5月の米小売売上高(21:30) 6月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30) 5月の米鉱工業生産指数・設備稼働率(22:15) 4月の米企業在庫(23:00) 6月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00) 4月の対米証券投資(16日5:00)
[ASAP Mail / EM]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv20210615 ASAP by Sustainable Investor

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です