朝っぷ!20210610

20210610 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落。 ダウは、前日比152ドル68セント(0.4%)安の3万4447ドル14セント。 5月7日につけた過去最高値(3万4777ドル)が近づき、高値警戒感から売りが優勢だった。 当面の金融政策を占う上で注目される5月の米消費者物価指数(CPI)の発表を10日に控え、 取引終了にかけて持ち高調整の売りも出た。 足元で堅調だった景気敏感株が売りに押され、 航空機のボーイングや建機のキャタピラー、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが下げた。 米長期金利が一時1.47%と1カ月ぶりの低水準を付け、 利ざや縮小の観測からJPモルガン・チェースなど金融株が下げた。 一方、長期金利の低下で高PER(株価収益率)のハイテク株の一角が買われ、相場を下支えした。 ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルが小幅に上昇した。
<為替(7:05am)>  米ドル/円 109.63 – 109.64 0.02% ユーロ/円 133.51 – 133.56 -0.01% ユーロ/米ドル 1.2177 – 1.2181 -0.01% 英ポンド/円 154.75 – 154.77 -0.01% 豪ドル/円 84.75 – 84.76 0.00% NZドル/円 78.67 – 78.69 0.00% ブラジルレアル/円 21.647 -21.659 0.02% 南アランド/円 7.9803 – 7.988 0.22% トルコリラ/円 12.7527 – 12.7768 0.03%
<米国市場>  ダウ 34,447.14ドル (-0.44%) S&P500  4,219.55 (-0.18%) ナスダック 13,911.75(-0.09%) 米国債10年 1.4908% NY金 1,895.50ドル (+0.06%) NY原油 69.96ドル (-0.13%) CME日経平均先物 28825円(-0.05%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 28,860.80円(-0.354%) TOPIX 1,957.14(-0.280%) 東証1部時価総額 726,251,600百万円 東証1部売買代金  2,302,966百万円 日経平均ボラティリティインデックス 19.73 東証1部全銘柄平均PBR 1.33 東証1部全銘柄平均PER 16.35x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.99% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第135回債・21年6月募集) 新発10年国債 0.065 新発20年国債 0.432 債券先物 151.71円(+0.09円) コモンズ30 37780円(-44円) T&D債券ベア5倍 5655円(-16円)
<国内上場企業の話題> ・キユーピーは卵を使わない「卵商品」を開発した。 大豆を原料とするスクランブルエッグの代替品を国内で6月下旬に売り出す。 消費者の健康・環境志向を背景に、植物由来の「代替卵」需要が高まると判断した。 肉が先行した代替食で消費者の選択肢が広がる。 国内の食品メーカーで代替卵の商品を販売するのは初めて。 [キユーピー (2809) 株価 2,549円、 PBR 1.52x、PER 23.82x 配当 1.77%、貸借倍率 1.91x、 時価総額 3823億円。 売上高 4000億円 営業利益 264億円 自己資本比率 53.0%]
・「中国のハワイ」と呼ばれるリゾート地、海南島に海外ブランドが熱視線を送っている。 中国政府主導で国内客を対象にした免税市場が拡大しており、 資生堂や仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンなどが出店や展示を加速する。 同島の2020年の免税品売上高は前年の2倍になり、特に化粧品では巨大市場に成長。 中国開拓の足がかりとしての重要度が増す。 [資生堂 (4911) 株価 8,050円、 PBR 6.64x、PER 86.65x、 配当 0.62%、貸借倍率 0.49x、 時価総額 3兆2220億円。 売上高 1兆0300億円 営業利益 300億円 自己資本比率 40.2%]
・テルモが糖尿病のインスリン注射を自分で打たずにすむシステムを開発中だ。 体に貼る血糖測定器とポンプが連携し、血糖値などの情報を人工知能(AI)が解析して 最適な量を自動で投与する。ただ日本全体でみれば、医療分野のデジタル化は道半ばだ。 規制などの壁がなお多いからだ。 [テルモ (4543) 株価 4,343円、 PBR 3.83x、PER 38.99x、 配当 0.69%、貸借倍率 7.68x、 時価総額 3兆2985億円。 売上高 6750億円 営業利益 1100億円 自己資本比率 61.7%]
<その他の話題> ・菅義偉首相が9月に衆院解散に踏み切るとの見方が政府・与党内で強まってきた。 新型コロナウイルス対策の切り札と位置づけるワクチン接種を優先し、 感染が落ち着いたころの衆院選を想定する。夏にも大型の経済対策の編成を指示し、 コロナ禍で打撃を受けた経済や雇用の回復を訴える。
・国内の火災保険料を巡り、家計の負担が増している。 風水害が増え、これらの被害が補償に含まれる個人向け火災保険は 2022年度に過去最大の1割程度の値上げとなる見通しだ。 4年間で3度目の値上げとなり、この間の上昇率は2割を超える。損害保険会社も火災保険事業は赤字が続く。 気候変動による自然災害の深刻化が契約者と損保業界に重くのしかかっている。
・中米エルサルバドルの議会は8日、 代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨にする法案を賛成多数で可決した。 ビットコインの法定通貨の採用は世界で初。 仮想通貨は利便性が高いものの、不安定な価格変動は通貨の基本機能である決済上のリスクになる。 法定通貨として定着するかは予断を許さない。
本日の予定は以下の通り 【国内】 週次の対外・対内証券売買契約(財務省、8:50) 5月の企業物価指数(日銀、8:50) 5月のオフィス空室率(三鬼商事) 損保協会会長の記者会見(15:00) 2〜4月期決算=積ハウス 東証マザーズ上場=ワンダープラネット 東証ジャスダック上場=テンダ 【海外】 欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表(20:45) ラガルドECB総裁が記者会見(21:30) 米新規失業保険申請件数(週間、21:30) 5月の米消費者物価指数(CPI、21:30) 5月の米財政収支(11日3:00) [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です