朝っぷ!20210506

20210506 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は3日続伸。ダウは、前日比97ドル31セント(0.3%)高の3万4230ドル34セント。 2週間半ぶりに過去最高値を更新した。商品相場の上昇を受け、景気敏感のエネルギーや素材、 資本財関連を中心に買いが優勢になった。米景気の回復観測の高まりも株高を支えた。 5日にロンドンの銅3カ月先物は10年3カ月ぶり、アルミニウム3カ月先物は3年ぶりの高値を付けた。 米原油先物は小幅安で終えたが、2カ月ぶりの高値を付ける場面があった。 商品市況が一段と強含み、石油のシェブロンや化学のダウ、鉱山機械を手掛ける建機のキャタピラーの上げが目立った。 米サプライマネジメント協会(ISM)が5日発表した4月の非製造業景況感指数は 62.7と過去最高だった前月から1.0ポイント低下したが、好不況の境目である50を大きく上回った。 経済活動の正常化を見込み、金融や消費関連株が高い。 金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェース、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが 買われた。前日に売りが目立ったスマートフォンのアップルは買い直され、小幅高で終えた。
<為替(6:36am)>  米ドル/円 109.19 - 109.22 0.01% ユーロ/円 131.07 - 131.13 0.00% ユーロ/米ドル 1.2004 - 1.2007 -0.01% 英ポンド/円 151.79 - 151.84 -0.01% 豪ドル/円 84.59 -  84.63 0.00% NZドル/円 78.74 -  78.82 -0.05% ブラジルレアル/円 20.391 -20.403 0.02% 南アランド/円 7.5984 - 7.6084 0.06% トルコリラ/円 13.1025 - 13.1367 -0.12%
<米国市場>  ダウ 34,230.34ドル (+0.29%) S&P500  4,167.59 (+0.07%) ナスダック 13,582.43(-0.37%) 米国債10年 1.5766% NY金 1,784.30ドル (+0.47%) NY原油 65.63ドル (-0.09%) CME日経平均先物 29075円(+0.67%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 28,812.63円(-0.830%) TOPIX 1,898.24(-0.566%) 東証1部時価総額 708,916,000百万円 東証1部売買代金  3,110,470百万円 日経平均ボラティリティインデックス 19.83 東証1部全銘柄平均PBR 1.35 東証1部全銘柄平均PER 22.35x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.92% 個人向変動利付国債10年 0.08% (第133回債・21年4月募集) 新発10年国債 0.090 新発20年国債 0.442 債券先物 151.34円(+0.02円) コモンズ30 36438円(-186円) T&D債券ベア5倍 5728円(-4円)
<国内上場企業の話題> ・任天堂は2021年度、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の生産を これまでで最高となる3000万台前後に増やす。競争が激しいゲーム業界で発売から5年目での生産増は異例で、 今年度計画を合わせると累計販売台数は1億1千万台に達する見通しだ。 「巣ごもり」需要を取り込む構えだが、生産計画の達成は足元の半導体不足の行方も焦点となる。 [任天堂 (7974) 株価 62,690円、 PBR 4.47x、PER 18.21x 配当 3.00%、貸借倍率 6.72x、 時価総額 8兆2543億円。 売上高 1兆6000億円 営業利益 5600億円 自己資本比率 74.6%]
・メルカリが個人間売買を仲介するフリーマーケット(フリマ)アプリで快走している。 新型コロナウイルス下で、日米でフリマ利用者が急増し、 これまで手薄だった中高年層の需要も取り込んだ。 30日に2021年6月期の連結最終損益予想がゼロから21億円の黒字(前期は227億円の赤字)になると発表した。 上場以来、初の通期黒字化が射程圏に入った。 [メルカリ (4385) 株価 5,400円、 PBR 23.61x、PER 339.62x、 配当 0.00%、貸借倍率 6.47x、 時価総額 8512億円。 売上高 1010億円、 営業利益 -500億円 自己資本比率 15.5%]
・島津製作所は、インド型と呼ばれる新型コロナウイルスの変異ウイルスを検出する PCR検査用の研究試薬を開発した。感染拡大が懸念されるインド型に対応した試薬は国内企業で初とみられる。 6月にも発売する。 [島津製作所 (7701) 株価 3,825円、 PBR 3.69x、PER 34.15x、 配当 0.78%、貸借倍率 3.72x、 時価総額 1兆1324億円。 売上高 3850億円 営業利益 460億円 自己資本比率 67.9%]
<その他の話題> ・政府は産業界と組み、情報処理や通信に使う量子技術の共同研究に乗り出す。 5月中にもトヨタ自動車や東芝、NECなど50社ほどが参加する協議会を立ち上げる。 国家主導で大規模な投資を進める米国や中国が世界で先行する。 日本が強みを持つ量子通信・暗号技術は安全保障の優位性にも直結するため、官民挙げて実用化を急ぐ。
・中国製ドローンの利用を避ける動きが日本企業に出てきた。 NTTグループはインフラ点検用の機体を国産などに切り替える。九州電力も検討する。 米政府は人権保護や安全保障の観点から、 ドローン世界最大手の中国DJIに対する事実上の禁輸措置を発動した。 日本も政府機関に続きインフラ企業が脱中国で追随する形だが、高性能の代替品が少ないなど課題は残る。
・世界経済の回復や脱炭素の流れを受け、国際商品が軒並み値上がりしている。 銅が10年ぶりに1トン1万ドル(約109万円)を超え、 国際商品の総合的な値動きを示す指数も2年半ぶり高値となった。 銅など金属のほか、材木など農林産物も高騰。原材料高を通じて、 住宅価格や自動車、家電などの値上がり要因にもなり、物価にもじわりと影響を及ぼしている。
本日の予定は以下の通り 【国内】 QUICKコンセンサスDI(4月末時点、8:30) 日銀金融政策決定会合の議事要旨(3月18〜19日分、8:50) 6カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) 4月の新車・軽自動車販売台数(自販連・全軽自協、14:00) 3月末の税収実績(財務省、15:30) 3月期決算=任天堂、丸紅、ヤマダHD 1〜3月期決算=協和キリン 【海外】 マレーシア中銀が政策金利を発表 トルコ中銀が政策金利を発表 ノルウェー中銀が政策金利を発表 3月のユーロ圏小売売上高(18:00) 英中銀が金融政策委員会の結果と議事録を発表(20:00) 週間の米新規失業保険申請件数(21:30) 1〜3月期の米労働生産性指数(速報値)(21:30) 海外1〜3月期決算=クラウドフレア、スクエア、データドッグ、ビヨンド・ミート [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です