朝っぷ!20210419

20210419 ASAP by Sustainable Investor
<先週末のNY動向> 先週末の米株式市場は3日続伸。ダウは、前日比164ドル68セント(0.5%)高の3万4200ドル67セント。 連日で過去最高値を更新。新型コロナウイルスワクチンの普及で米経済の正常化に弾みが付くとの期待から、 経済再開の恩恵を受ける銘柄が買われた。市場予想を上回る主要企業の決算が続いていることも好感された。 米国ではコロナワクチンの1日当たりの接種が300万人を超える日が続いている。 ワクチンを1回でも接種した人口は米全体の4割近くなり、複数の州で5割に近づいたと伝わった。 16日発表の3月の米住宅着工件数が前月比19.4%増の173万9000戸(年率換算)と市場予想を大幅に上回り、 2006年以来の水準となった。4月の米消費者態度指数(速報値)は20年3月以来の高さだった。 今週は市場予想を上回る経済指標が相次ぎ、米景気回復期待が強まった。 中国の21年1〜3月の実質国内総生産(GDP)が前年同期比18.3%増と高い伸びとなったのも買いを誘った。 米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事が16日のCNBCのインタビューで今年の米経済に楽観を示した一方、 早期の金融緩和縮小には慎重な姿勢を示した。 金融緩和の長期化観測が広がり、株の買い安心感につながっている。
<為替(6:47am)>  米ドル/円 108.77 - 108.82 0.00% ユーロ/円 130.27 - 130.31 -0.05% ユーロ/米ドル 1.1975 - 1.1978 -0.07% 英ポンド/円 150.45 -  150.5 -0.05% 豪ドル/円 84.02 -  84.09 -0.14% NZドル/円 77.56 -  77.66 -0.18% ブラジルレアル/円 19.466 -19.478 0.00% 南アランド/円 7.5896 - 7.6011 -0.09% トルコリラ/円 13.4535 - 13.5041 -0.13%
<米国市場>  ダウ 34,200.67ドル (+0.48%) S&P500  4,185.47 (+0.36%) ナスダック 14,052.34(+0.10%) 米国債10年 1.5904% NY金 1,780.20ドル (+0.76%) NY原油 63.13ドル (-0.52%) CME日経平均先物 29795円(+0.22%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 29,683.37円(+0.137%) TOPIX 1,960.87(+0.088%) 東証1部時価総額 732,227,400百万円 東証1部売買代金  2,055,580百万円 日経平均ボラティリティインデックス 17.57 東証1部全銘柄平均PBR 1.41 東証1部全銘柄平均PER 24.27x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.86% 個人向変動利付国債10年 0.08% (第133回債・21年4月募集) 新発10年国債 0.085 新発20年国債 0.452 債券先物 151.36円(+0.02円) コモンズ30 37434円(+76円) T&D債券ベア5倍 5726円(-4円)
<国内上場企業の話題> ・川崎重工業とシスメックスが折半出資するメディカロイド(神戸市)は16日、 高速通信規格「5G」を使い手術支援ロボットを遠隔操作する実証実験を始めたと発表した。 NTTドコモや神戸大学と取り組む。経験豊富な医師がロボットを遠隔操作して執刀医を助け、 全国どこでも質の高い手術ができるようにする「遠隔手術」を目指す。 [川崎重工業 (7012 株価 2,643円、 PBR 1.04x、PER -.–x 配当 0.00%、貸借倍率 1.46x、 時価総額 4415億円。 売上高 1兆5000億円 営業利益 -100億円 自己資本比率 21.6%]
・世界で半導体不足が深刻ななか、半導体製造装置・材料メーカーが生産能力の増強に動き出す。 半導体の土台となるシリコンウエハーの大手、SUMCOの橋本真幸会長兼最高経営責任者(CEO)は 「新工場建設を検討している」と明らかにした。 東京エレクトロンも増産投資をしつつ、人工知能(AI)を使い 顧客の半導体工場の稼働率を高めるサービスを展開する。業界内の投資意欲は高い一方で、 各社は過剰生産のリスクも考慮した戦略を迫られる。 [東京エレクトロン (8035) 株価 49,120円、 PBR 8.62x、PER 33.21x、 配当 1.51%、貸借倍率 1.90x、 時価総額 7兆7221億円。 売上高 1兆3600億円、 営業利益 3060億円 自己資本比率 70.4%]
・日本航空(JAL)は2040年以降に、国内線全路線の使用量に相当するジェット燃料を 廃プラスチックなどからつくる再生燃料に切りかえる方針だ。 50年に二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す取り組みの一環。 35年以降には水素で動く小型機も導入する。世界的に脱炭素の機運が高まる中、 クリーンな運航体制を整える。 [日本航空 (9201) 株価 2,286円、 PBR 0.89x、PER -.–x、 配当 0.00%、貸借倍率 6.40x、 時価総額 9993億円。 売上高 4600億円 営業利益 -4200億円 自己資本比率 47.6%]
<その他の話題> ・バイデン米大統領は就任後初めて対面で会う首脳に菅義偉首相を選んだ。 米中対立のさなか、日本はどこまで米国とともに歩む意志があるのか。 首脳会談は具体的なテーマをいくつも挙げ、日本に覚悟を迫るものとなった。 日米共同声明での52年ぶりの台湾問題への言及がそれを象徴する。
・菅義偉首相とバイデン米大統領は16日、 日米双方が掲げる2050年の温暖化ガス排出の実質ゼロ目標に向け 「30年までに確固たる行動をとる」ことで一致した。 両国はそれぞれ22日からの気候変動に関する首脳会議(サミット)までに30年の削減目標をまとめる。
・河野太郎規制改革相は18日、新型コロナウイルスワクチンに関し、 9月末までに接種対象者全員分を確保できるとの見通しを示した。 同日のフジテレビ番組で米ファイザーから追加供給を受けると明らかにした。 菅義偉首相は米国訪問中の17日、ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と電話協議し、 ワクチンの追加供給を要請した。
本日の予定は以下の通り 【国内】 3月と2020年度の貿易統計(財務省、8:50) 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) 3月と20年度の首都圏・近畿圏のマンション販売(不動産経済研究所、13:00) 2月の鉱工業生産指数確報値(経産省、13:30) 【海外】 海外21年1〜3月期決算=コカ・コーラ、IBM [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です