朝っぷ!20210324

20210324 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は反落、 ダウは308ドル05セント(0.9%)安の 3万2423ドル15セント。 欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、 世界経済の正常化が遅れると懸念された。 資本財や金融など景気敏感株が売られ、 最近上昇が続いていた旅行・レジャー関連株も 大幅に下げた。 感染力の強い変異ウイルスが広がり、 ドイツが23日に現行のロックダウン(都市封鎖)を 延長し、4月の復活祭には一段と厳格化すると発表した。 フランスやイタリアは前週に行動規制を強化している。 英製薬のアストラゼネカが米国で実施した ワクチンの臨床試験について 米国立アレルギー感染症研究所が23日、 「データが不完全な可能性がある」と指摘した。 市場のワクチン普及期待に水を差し、 心理面の重荷となった。 米国でも1日当たりの新規感染者数がやや増えている。
<為替(7:02am)> 米ドル/円 108.6-108.64 0.04% ユーロ/円 128.68-128.72 0.02% ユーロ/米ドル 1.1847-1.1851 -0.02% 英ポンド/円 149.29-149.43 -0.03% 豪ドル/円 82.88-82.91 0.13% NZドル/円 76.08-76.11 0.14% ブラジルレアル/円 19.667-19.676 0.07% 南アランド/円 7.2981-7.3057 0.14% トルコリラ/円 13.6659-13.6823 0.06%
<米国市場> ダウ 32,423.15ドル (-0.94%) S&P500  3,910.52 (-0.76%) ナスダック 13,227.70(-1.12%) 米国債10年 1.6206% NY金 1,727.50ドル (-0.74%) NY原油 57.76ドル (-6.17%) CME日経平均先物 28,680円(-0.45%、大証終値比)
<日本市場>  日経平均 28,995.92円 (-0.610%) TOPIX 1971.48 (-0.939%) 東証1部時価総額 736,799,000百万円 東証1部売買代金  2,890,050百万円 日経平均ボラティリティインデックス 23.89 東証1部全銘柄平均PBR 1.41x 東証1部全銘柄平均PER 24.93x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.84% 個人向変動利付国債10年 0.09% (第132回債・21年3月募集) 新発10年国債 0.075% 新発20年国債 0.447% 債券先物 151.26(-0.04円) コモンズ30 36,507円(-398円) T&D債券ベア5倍 5,748円(+7円) 
<国内上場企業の話題> ・出光興産はバイオマス燃料の生産を始める。 木質ペレットを半分炭化した「ブラックペレット」の 生産プラントをベトナムに建設し、2022年から稼働する。 二酸化炭素(CO2)の排出を減らしたい 石炭火力発電所を対象に、まず石炭と混ぜて使う 需要を取り込む。 [出光興産(5019) 株価2908円、PBR0.79x、 PER57.58x、配当4.13% 貸借倍率1.23x、 時価総額8661億円。 売上高4兆5000億円、 営業利益950億円、 自己資本比率28.4%]
・日本郵便は23日、千葉県習志野市のマンション内で 自動走行ロボットを活用した実証実験を実施した。 マンション内部1階に設置したロボットが 配達員の指示でオートロックを解除し、 配達員が積み込んだ荷物を自動で配達。 安全性を検証し、2023年度の実用化を目指す。 [日本郵政(6178) 株価1069円、PBR0.33x、 PER12.71x、配当4.68%、 貸借倍率11.01x、 時価総額1兆2517億円。 経常収益 11兆3600億円、 経常利益 6200億円、 自己資本比率4.6%]
・JCRファーマは23日、遺伝子難病群「ライソゾーム病」 の一種である「ハンター症候群」の治療薬について 厚生労働省から製造販売承認を取得したと発表した。 独自技術を活用し、有効成分が脳に届く薬を 世界で初めて実用化する。発売は5月以降となる見通しだ。 JCRファーマは有効成分を脳内に届ける独自技術 「J―ブレイン・カーゴ」を持つ。脳が血中の鉄分を 取り込む仕組みを利用し、鉄分を吸収するための 「受容体」に医薬品成分をくっつけて脳関門を 通過させる。 [JCRファーマ(4552) 株価3360円、PBR12.68x、 PER86.60x、配当0.27%、 貸借倍率10.52x、 時価総額4357億円。 売上高272億円、 営業利益60億円、 自己資本比率51.4%]
<その他の話題> ・国土交通省が23日発表した2021年1月1日時点の 公示地価は、商業・工業・住宅の全用途平均(全国)が 前年比0.5%のマイナスと6年ぶりに下落に転じた。 新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、 三大都市圏はそろって下落。外出自粛や訪日客急減に 伴う飲食店や小売店などの不振が地価を押し下げた。 在宅勤務の浸透などで新たな住宅需要もあるが、 回復には早期の感染抑止が欠かせない。
・工作機械の受注の回復が鮮明だ。 日本工作機械工業会(東京・港)が23日発表した 2月の受注額は1055億円と、前年同月に比べ 37%増えた。けん引役は中国向けだ。受注額は 前年同月の4.1倍となり、34カ月ぶりの高水準だ。 電子機器や自動車など幅広い業種で受注が広がる。 日本や欧米の回復が遅れるなか、中国の需要に 依存する傾向が目立つ。
・東京証券取引所が23日発表した19日申し込み時点の 信用買い残高(東京・名古屋2市場、制度信用と 一般信用の合計)は前週比840億円多い3兆440億円と、 米中貿易摩擦で株価が軟調に推移した 2018年10月以来2年5カ月ぶり高水準となった。 増加は2週ぶり。19日に日銀が購入する 上場投資信託(ETF)の東証株価指数(TOPIX)型への 一本化を決定。日経平均採用銘柄を中心に株価が 急落したことで個人投資家の逆張りの信用買いが増えた。
本日の予定は下記のとおり。
【国内】 日銀金融政策決定会合の議事要旨(1月20〜21日分、8:50) 2月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50) 6カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) 東証ジャスダック上場=シキノハイテック 東証マザーズ上場=Sharing Innovations
【海外】 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米下院金融サービス委員会で証言(1:00) ブレイナードFRB理事が講演(2:25) ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が討議に参加(3:45) ブレイナードFRB理事が講演(4:45) 10〜12月期決算=騰訊控股(テンセント) タイ中銀が政策金利を発表 2月の英消費者物価指数(CPI、16:00) 3月の仏購買担当者景気指数(PMI)速報値(17:15) 3月の独PMI速報値(17:30) 3月のユーロ圏PMI速報値(18:00) 3月の英PMI速報値(18:30) 2月の米耐久財受注額(21:30) 3月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45) パウエルFRB議長が米上院銀行委員会で証言(23:00) 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30) ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が討議に参加(25日2:35)
[ASAP Mail / ST]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です