朝っぷ!20210322

20210322 ASAP by Sustainable Investor
<先週末のNY動向> 先週末の米株式市場は続落。ダウは、前日比234ドル33セント(0.7%)安の3万2627ドル97セント。 米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス危機に対応して導入した銀行の資本規制の緩和を 延長しないと発表、投融資への影響が懸念された金融株が下げた。 悪材料が出たクレジットカードのビザとスポーツ用品のナイキが売られたのもダウ平均の重荷となった。 FRBは19日朝、銀行の自己資本比率を規制する「補完的レバレッジ比率(SLR)」の基準を緩める特例措置を 延長せず、予定通り3月末に終了すると発表した。金融市場の流動性低下や景気悪化に対応して 昨年4月にSLRの規制を緩和したが、流動性の枯渇による市場の混乱は生じていないと判断した。 米当局がデビットカード決済を巡る反競争的行為の疑いで調査していると伝わったビザが6%下げ、 1銘柄でダウ平均を90ドル押し下げた。18日夕に発表した2020年12月〜21年2月期決算で売上高が 市場予想を下回ったスポーツ用品のナイキは4%下げた。
<為替(7:22am)>  米ドル/円 108.87 - 108.88 0.00% ユーロ/円 129.33 - 129.37 -0.19% ユーロ/米ドル 1.188 - 1.1881 -0.19% 英ポンド/円 150.65 -  150.7 -0.23% 豪ドル/円 84.05 -  84.06 -0.21% NZドル/円 77.8 -  77.82 -0.26% ブラジルレアル/円 19.832 -19.836 0.03% 南アランド/円 7.2965 - 7.3034 -1.30% トルコリラ/円 15.0767 - 15.0868 0.07%
<米国市場>  ダウ 32,627.97ドル (-0.71%) S&P500  3,913.10 (-0.06%) ナスダック 13,215.24 (+0.76%) 米国債10年 1.7299 NY金 1,743.90ドル (+0.54%) NY原油 61.42ドル (+2.37%) CME日経平均先物 29350(-0.47%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 29,792.05円(-1.405%) TOPIX 2,021.21(+0.184%) 東証1部時価総額 752,097,000百万円 東証1部売買代金  4,445,623百万円 日経平均ボラティリティインデックス 22.34 東証1部全銘柄平均PBR 1.44 東証1部全銘柄平均PER 25.45x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.80% 個人向変動利付国債10年 0.09% (第132回債・21年3月募集) 新発10年国債 0.115 新発20年国債 0.504 債券先物 150.98円(-0.15円) コモンズ30 37340円(-14円) T&D債券ベア5倍 5803円(+29円)
<国内上場企業の話題> ・半導体大手のルネサスエレクトロニクスは21日、 火災により生産停止中の那珂工場(茨城県ひたちなか市)の生産再開に1カ月程度かかるとの認識を示した。 半導体は工程が多く一般的に製造に2〜3カ月かかり、供給正常化までに3カ月超かかる計算だ。 米中貿易摩擦や需要急増で世界で不足する車載半導体は、2月中旬の米国の大寒波で現地工場が止まり、 不足に拍車がかかる。自動車メーカーの追加減産のリスクが高まっている。 [ルネサスエレクトロニクス (6723) 株価 1,228円、 PBR 3.45x、PER 30.4x 配当 0.00%、貸借倍率 7.78x、 時価総額2兆1271億円。 売上高 8200億円 営業利益 1000億円 自己資本比率 38.3%]
・脱炭素社会に貢献する全世界の特許を分析した結果、 総合力でトヨタ自動車が韓国サムスン電子に次ぐ2位となった。出願数ではトップで、 ハイブリッド車関連の特許で先行している。ただ、直近5年は米フォードや韓国の現代自動車が 急激に追い上げている。電機分野ではパナソニックが7位に入ったが米韓勢の追撃は著しい。 日本は知財獲得にアクセルを踏む必要がある。 [トヨタ自動車 (7203) 株価 8,644円、 PBR 1.15x、PER 12.92x、 配当 2.55%、貸借倍率 3.21x、 時価総額 28兆6124億円。 売上高 26兆5000億円、 営業利益 2兆円 自己資本比率 37.6%]
・東芝は二酸化炭素(CO2)から燃料や化学品の原料をつくる技術の性能を大幅に向上させたと発表した。 速度を約60倍に速め、郵便封筒程度の底面積の機器で年間に最大1トンのCO2を処理できる。 工場などで出るCO2を環境に配慮して処理・活用することが重要になっており、 東芝は2020年代後半の実用化を目指す。 [東芝 (6502) 株価 3,885円、 PBR 1.88x、PER 25.19x、 配当 1.29%、貸借倍率 12.92x、 時価総額 1兆7687億円。 売上高 3兆0700億円 営業利益  1100億円 自己資本比率 29.0%]
<その他の話題> ・日銀は19日、金融政策の修正を決めた。景気を支える緩和策を長く続けるために、 金融機関の収益悪化や過度な資産価格の上昇といった副作用を和らげる対策を取り入れる。 マイナス金利の一段の引き下げを視野に、金融機関に上乗せ金利をつける制度をつくる。 上場投資信託(ETF)は必要な時だけ購入できるようにする。
・米マイクロソフトや米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)などは共同で、 量子コンピューターが普及しても安全な通信を実現するソフトウエアを開発した。 次世代の超高速計算機でも解読しにくい暗号を、通信で使えるようにするのが目的だ。 中国も安全な通信技術の確立を急いでいる。米巨大IT(情報技術)企業が連携し、 世界の主導権を握る狙いだ。
・東京五輪・パラリンピックで海外からの一般観客受け入れが近代五輪史上、初めて見送られた。 訪日客を経済活性化につなげようとしてきた日本側と 五輪の再出発を印象づけたい国際オリンピック委員会(IOC)双方にとって苦渋の決断となったが、 開催を優先し、国内の観客限定へとかじを切った。
本日の予定は以下の通り 【国内】 2月の白物家電出荷額(JEMA、10:00) 2月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00) 2月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、14:00) 1月の景気動向指数確報値(内閣府、14:00) 【海外】 南アフリカが休場 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が討議に参加(22:00) 2月の米中古住宅販売件数(23:00) クオールズFRB副議長が講演(23日2:30) ボウマンFRB理事が講演(23日8:15) [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です