朝っぷ!20210302

20210302 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は大幅反発。ダウは603ドル14セント(1.9%)高の3万1535ドル51セントで終えた。 上げ幅は2020年11月9日以来、4カ月ぶりの大きさ。新型コロナウイルスのワクチン普及や米政府の追加経済政策の早期成立で 経済活動の正常化が進むとの見方から、幅広い銘柄に買いが入った。ダウ平均の上げ幅は700ドルを超える場面もあった。 米食品医薬品局(FDA)は2月27日、日用品・製薬大手のジョンソン・エンド・ジョンソンが開発した1回接種タイプのワクチンの緊急使用を承認した。 早ければ2日にも接種が始まり、ワクチン普及が加速するとの期待が高まった。米下院は27日、1.9兆ドルの追加経済対策を可決した。 上院では最低賃金引き上げなど一部を削除して1兆ドル台後半で3月中旬までに可決する見通しだ。 米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した2月の製造業景況感指数は60.8で前月から2.1ポイント上昇した。 ほぼ横ばいだった市場予想を上回り、18年2月以来の高水準だった。米製造業の拡大が続いていることも投資家心理の改善につながった。 墜落事故を起こして運航停止していた主力小型機「737MAX」の受注が伝わった航空機のボーイングが6%高となり、ダウ平均を押し上げた。 経済活動の正常化期待から、クレジットカードのビザや金融のゴールドマン・サックス、映画・娯楽のウォルト・ディズニー、化学のダウも買われた。 米長期金利は1.43%近辺と前週に付けた1年ぶり高水準(1.61%)から低下した。 相対的な割高感から売られていたハイテク株も幅広く買われ、スマートフォンのアップルが5%と上昇が目立った。 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前週末比396.484ポイント(3.0%)高の1万3588.829で終えた。 インテルやマイクロン・テクノロジーなど半導体株が上昇した。電気自動車のテスラも上げた。
<為替(7:09am)>  米ドル/円 106.74 – 106.76 -0.01% ユーロ/円 128.57 – 128.64 -0.02% ユーロ/米ドル 1.2045 – 1.2049 -0.02% 英ポンド/円 148.59 – 148.68 0.00% 豪ドル/円 82.96 – 83.01 0.04% NZドル/円 77.6 – 77.67 0.09% ブラジルレアル/円 18.917 – 18.923 -0.01% 南アランド/円 7.1089 – 7.1158 0.06% トルコリラ/円 14.6079 – 14.6691 -0.04%
<米国市場>  ダウ 31,535.51ドル (+1.95%) S&P500  3,901.82 (+2.38%) ナスダック 13,588.83 (+3.01%) 米国債10年 1.4513% NY金 1,724.30ドル (-0.26%) NY原油 60.41ドル (-1.77%) CME日経平均先物 29,900(+1.08%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 29,663.50円(+2.407%) TOPIX 1902.48(+2.307%) 東証1部時価総額 713,642,600百万円 東証1部売買代金  2,477,309百万円 日経平均ボラティリティインデックス 26.24 東証1部全銘柄平均PBR 1.37 東証1部全銘柄平均PER 24.16x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 1.89% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第131回債・21年2月募集) 新発10年国債 0.150 新発20年国債 0.528 債券先物 150.81円(+0.19円) コモンズ30 35,428円(+747円) T&D債券ベア5倍 5,875円(-38円)
<国内上場企業の話題> ・ブリヂストンは、20〜40%としてきた配当性向の目安を40%に固定する。新型コロナウイルス禍を受けた販売減や減損損失、 事業再編費用の計上で2020年12月期に233億円の連結最終赤字に転落した。低採算事業の縮小を軸とする利益改善策に一段と資金を投じ、 今期からコロナ前水準の黒字を確保して伸ばしていく想定だ。配当性向40%のもと増配していく姿勢を示し、投資家のつなぎとめを図る。 [ブリヂストン (5108) 株価 4,192円、 PBR 1.37x、PER 10.54x 配当 3.1%、貸借倍率 1.51x、 時価総額 2兆9,991億円。 売上高 3兆4,000億円 営業利益 2,800億円 自己資本比率 51.8%]
・経営再建を目指す自動車向け空調大手のサンデンホールディングス(HD)は1日、中国家電大手・海信集団(ハイセンス)グループ傘下の ハイセンス・ホーム・アプライアンス・グループを引受先とする第三者割当増資を通じて約214億円を調達すると発表した。海外拠点の再編などに充てる。 [サンデンホールディングス (6444) 株価 463円、 PBR 1.34x、PER -x 配当 0%、貸借倍率 15.21x、 時価総額 129億円。 売上高 1,250億円 営業利益 -105億円 自己資本比率 5.8%]
・ヤフー親会社のZホールディングス(ZHD)とLINEは1日、経営統合した。合計売上高は約1兆3000億円と楽天に迫る。 2022年にキャッシュレス決済を統一するなど国内の足場を固める一方、人工知能(AI)開発を中心に5年で5000億円を投資し、 東南アジアに照準を定める。技術やサービスで先行する海外の巨大IT企業に対抗するにはソフトバンクグループとの連携がカギを握る。 [Zホールディングス (4689) 株価 668.5円、 PBR 4.09x、PER 59.16x 配当 0.83%、貸借倍率 23.27x、 時価総額 5兆1,174億円。 売上高 1兆1,400億円 営業利益 1,600億円 自己資本比率 18.9%]
<その他の話題> ・金価格が国内外で大幅に下落した。国内の円建て金先物価格は1日に一時、前週終値比2%安の1グラム5904円と 節目の6000円を割り込み、昨年11月末以来約3カ月ぶりの安値を付けた。急ピッチな米金利の上昇とこれに伴うドル高を背景に、 国際指標のニューヨーク金先物が大幅に下落。国内の円建て金先物にも波及した。
・トルコ統計局が1日発表した2020年通期の実質国内総生産(GDP)は19年比1.8%増だった。 政府主導の貸し出し拡大に伴い、製造業や一部の消費がけん引した。 ただ、高インフレや失業者の増加で市民生活は苦しさを増しており、成長の持続性には疑問の声も上がる。
・英政府は温暖化対策などの資金を調達するため、同国として初めて個人の資産運用向けの金融商品として 「グリーン貯蓄ボンド」(環境債)を発行する方針を決めた。3日に正式に発表する見通し。英財務省が明らかにした。
本日の予定は以下の通り 【国内】 閣議 1月の完全失業率(総務省、8:30) 1月の有効求人倍率(厚労省、8:30) 20年10〜12月期の法人企業統計(財務省、8:50) 2月のマネタリーベース(日銀、8:50) 10年物利付国債の入札(財務省、10:30) 桜田同友会代表幹事の記者会見(13:30) 2月の財政資金対民間収支(財務省、15:00) 2月の国内ユニクロ既存店売上高(15:00) 【海外】 1月の米建設支出(0:00) 2月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(0:00) 1月の豪住宅建設許可件数(9:30) 豪中銀が政策金利を発表(12:30) 2月のユーロ圏消費者物価指数(HICP、速報値、19:00) 2月の独失業率 ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(3日3:00) 20年11月〜21年1月期決算=ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)
[ASAP Mail / EM]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です