朝っぷ!20201119

20201119 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式相場は続落。ダウは、前日比344ドル93セント(1.2%)安の2万9438ドル42セント。 米国での新型コロナウイルスの感染拡大による目先の景気の不透明感がくすぶり、 最近上昇が目立っていた銘柄を中心に利益確定売りが優勢となった。 ダウ平均は取引終了にかけて下げ幅を広げ、この日の安値圏で終えた。 米国では新型コロナの新規感染者数が高止まりし、行動制限を強化する州や都市が増えている。 ニューヨーク市は18日、19日から学校を閉鎖し在宅学習に切り替えると発表した。 行動制限が一段と広がり、景気に下押し圧力がかかるとの警戒感が改めて強まった。 ダウ平均は過去最高値圏にあり、最近上昇が目立った石油のシェブロンや 医療保険のユナイテッドヘルス・グループなどに目先の利益を確定する目的の売りが出た。
<為替(6:39am)>  米ドル/円 103.85 – 103.86 ユーロ/円 123.09 – 123.11 ユーロ/米ドル 1.1853 – 1.1854 英ポンド/円 137.77 – 137.79 豪ドル/円 75.84 – 75.85 NZドル/円 71.86 – 71.88 ブラジルレアル/円 19.361 – 19.366 南アランド/円 6.7153 – 6.7198 トルコリラ/円 13.4587 – 13.474
<米国市場>  ダウ 29,438.42ドル (-1.16%) S&P500  3,567.79 (-1.16%) ナスダック 11,801.60 (-0.82%) 米国債10年 0.8783% NY金 1,869.50ドル (-0.83%) NY原油 41.66ドル (+0.56%) CME日経平均先物 25640(-0.30%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 25,728.14円(-1.101%) TOPIX 1,720.65(-0.807%) 東証1部時価総額 654,149,100百万円 東証1部売買代金  2,315,775百万円 日経平均ボラティリティインデックス 22.24 東証1部全銘柄平均PBR 1.27 東証1部全銘柄平均PER 26.40x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.02% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第126回債・20年9月募集) 新発10年国債 0.015 新発20年国債 0.385 債券先物 152.17円(+0.10円) コモンズ30 32,123円(-277円) T&D債券ベア5倍 5,643円(-19円)
<国内上場企業の話題> ・東京ガスと丸紅はベトナムで液化天然ガス(LNG)を燃料にする火力発電所を建設する。 輸入基地と一体整備し、総事業費は2000億円を見込む。新興国では石炭火力依存が続くものの、 環境負荷のより小さいLNGが再生可能エネルギーへの「つなぎ役」として期待を集める。 日本勢はアジアに市場を広げることで、LNGの調達力を強める中国に対抗する。 [東京瓦斯 (9531) 株価 2,623円、 PBR 1.00x、PER 20.65x 配当 2.29%、貸借倍率 0.48x、 時価総額 1兆1,605億円。 売上高 1兆7,200億円 営業利益 730億円 自己資本比率 45.4%]
・川崎重工業とシスメックスが折半出資するメディカロイド(神戸市)は18日、8月に製造販売承認を取得した 国産初の手術支援ロボット「ヒノトリ サージカルロボットシステム」を公開した。 まず泌尿器の手術から使い始め、消化器や婦人科、呼吸器などでの利用も目指す。 2022年にも欧米などで展開する方針だ。 [川崎重工業 (7012) 株価 1,595円、 PBR 0.63x、PER -.–x、 配当 0.00%、貸借倍率 1.36x、 時価総額 2,664億円。 売上高 1兆5,000億円、 営業利益 -200億円 自己資本比率 22.0%]
・Jパワーは2021年度に自社の風力発電所の点検にドローンを導入する。 ドローンが撮影した動画を人工知能(AI)で分析し、異状の有無を判別する。 人手による点検と比べ、1基あたりの作業時間を9割程度減らせるという。 風力発電の保守・点検を担う作業員は将来的な不足が見込まれており、 IT(情報技術)機器を活用して効率化を急ぐ。 [電源開発 (9513) 株価 1,505円、 PBR 0.34x、PER 5.40x、 配当 4.98%、貸借倍率 22.71x、 時価総額 2,754億円。 売上高 8,230億円 営業利益 740億円 自己資本比率 27.5%]
<その他の話題> ・日本でデジタル通貨の発行に向けた取り組みが本格化する。 3メガバンクやNTTグループなど30社超が組み、2022年にもデジタル通貨の共通基盤を実用化する。 デジタル通貨はスマートフォンなどで受け取れ、既存の電子マネーとの交換機能を備える。 業界の垣根を越えた決済基盤を整え、企業間取引のデジタル化にもつなげる。
・ベトナムの7〜9月期は前年同期比2.62%増と、4〜6月期に続きコロナ禍でもプラス成長だった。 新型コロナの感染拡大で東南アジアの主要国が軒並みマイナス成長に陥る中で、 新型コロナの抑えこみに成功したベトナムは成長を続ける。 中国などから生産拠点の移管が増え、輸出が拡大している。 国際通貨基金(IMF)は、ベトナムが20年中に名目GDPでシンガポールやマレーシアを抜き、 東南アジア諸国連合(ASEAN)4位になると予想する。
・日本の再生エネルギーの利用の遅れが改めて浮き彫りになった。 2019年度の発電量に占める再生可能エネルギーの割合は前の年度から1.1ポイント上昇の18.0%と、 4割前後に達する欧州主要国の半分程度の水準にとどまった。 50年に温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする政府目標の実現には、 大胆な政策転換や技術開発など総力を挙げた取り組みが欠かせない。
本日の予定は以下の通り 【国内】 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50) 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) 10月の首都圏・近畿圏のマンション販売(不動産経済研究所、13:00) 三村日商会頭の記者会見(14:30) 東証マザーズ上場=アララ 4〜9月期決算=SOMPO、MS&AD、東京海上 【海外】 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、0:30) ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が講演(2:15) インドネシア中銀が政策金利を発表 フィリピン中銀が政策金利を発表 トルコ中銀が政策金利を発表 EU首脳会議、外相会合(オンライン) 南アフリカ中銀が政策金利を発表 米新規失業保険申請件数(週間、22:30) 11月の米フィラデルフィア連銀製造業景気指数(22:30) 10月の米中古住宅販売件数(20日0:00) 10月の米景気先行指標総合指数(20日0:00) [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です