朝っぷ!20200916

20200916 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は小幅に3日続伸、 ダウは2ドル27セント高の2万7995ドル60セント。 米中の経済指標の改善が好感され、 朝方は200ドル超上げる場面があった。ただ、 買いが先行したスマートフォンのアップルが 午後に一時下げに転じると市場心理の重荷となり、 相場は伸び悩んだ。15日発表の8月の 中国の小売売上高が今年初めてプラスに転じ、 9月のニューヨーク連銀製造業景況指数は 前月から大幅に上昇した。世界景気の 回復基調が続いているとの見方から 化学のダウなど景気敏感株の一角に買いが入った。 ただ、ダウ平均は午後に伸び悩み、 小幅安に転じる場面もあった。アップルへの 売りが強まり、市場心理を冷やした。15日の 新製品発表会で多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」 などの新機種を発表した。ただ、市場の一部で 期待された次世代通信規格「5G」対応の 「iPhone(アイフォーン)」の発表がなく、 材料出尽くしの売りが出た。アップルは一時 下げに転じた後、0.2%高で引けた。
<為替(7:00am)> 米ドル/円 105.41 – 105.44 ユーロ/円 124.89 – 124.94 ユーロ/米ドル 1.1848 – 1.185 英ポンド/円 135.85 – 135.93 豪ドル/円 76.97 – 76.99 NZドル/円 70.74 – 70.78 ブラジルレアル/円 19.977 – 19.986 南アランド/円 6.4076 – 6.4211 トルコリラ/円 14.0586 – 14.0776
<米国市場> ダウ 27,995.60ドル (+0.01%) S&P500  3,401.20 (+0.52%) ナスダック 11,190.32 (+1.21%) 米国債10年 0.6750% NY金 1,966.20ドル (+0.13%) NY原油 38.28ドル (+2.74%) CME日経平均先物 23,330円(+0.04%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 23,454.89円 (-0.443%) TOPIX 1640.84 (-0.621%) 東証1部時価総額 623,206,400百万円 東証1部売買代金  2,135,193百万円 日経平均ボラティリティインデックス 20.66 東証1部全銘柄平均PBR 1.23x 東証1部全銘柄平均PER 24.25x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.15% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第126回債・20年9月募集) 新発10年国債 0.015% 新発20年国債 0.410% 債券先物 152.00(+0.02円) コモンズ30 29,995円(-151円) T&D債券ベア5倍 5,682円(-4円) 
<国内上場企業の話題> ・東芝は在宅勤務などで使える サテライトオフィスを増やす。このほど 従来比2倍の約180拠点にした。営業担当の 従業員を中心に利用を促す。在宅勤務に必要な 備品も福利厚生のポイント制度で購入できるようにし、 本社などへの出勤を減らす。 新型コロナウイルスの感染拡大を機に働き方を 大幅に見直す。 [東芝(6502) 株価2990円、PBR1.44x、 PER13.56x、配当0.67%、 貸借倍率14.22x、 時価総額1兆3604億円。 売上高3兆1800億円、 営業利益1100億円、 自己資本比率27.8%]
・凸版印刷は、人工知能(AI)で高速道路の ガードレールの支柱の腐食を点検するシステムを 発売した。走行車両から撮影した動画を基に検出する。 交通規制せずに補修箇所を特定し点検作業の 負担を減らす。まず高速道路会社に販売し、 鉄道会社向けシステムの開発も視野に入れる。 [凸版印刷(7911) 株価1555円、PBR0.46x、 PER24.49x、配当2.57%、 貸借倍率2.62x、 時価総額5437億円。 売上高1兆4860億円、 営業利益660億円、 自己資本比率56.7%]
・サイゼリヤは2021年4月までに 東京都内に従来の6割程度の広さの小型店を出店する。 コンビニエンスストア程度の広さで賃料や設備が 少なくてすむため、出店時の費用を半減できる。 持ち帰りや宅配にも注力する。外食業界は 新型コロナウイルス下で店舗の客足が遠のいている。 各社は長期の低迷を見据え、新しい事業モデルの構築を急ぐ。 [サイゼリヤ(7581) 株価2103円、PBR1.20x、 PER-.-x、配当0.86%、 貸借倍率0.85x、 時価総額1099億円。 売上高1270億円、 営業利益▲50億円、 自己資本比率71.5%]
<その他の話題> ・総務省の人口移動報告で7月、 2013年に統計が現在の調査方法になってから 初めての現象が起きた。東京圏 (東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)からの 転出者が転入を上回り、1459人の転出超過になった。 東京圏は長年、他の地域から人材を吸収してきた。 通年では1996年から一貫して転入超過を記録し、 2014年以降は景気拡大を受けて 年間10万人を超えて推移した。 だがコロナ禍で状況は一変。 緊急事態宣言が発令された4月からは転入が細った。
・米商務省による中国の華為技術(ファーウェイ)に 対する半導体輸出規制が15日に発効された。 国内半導体メーカーが相次ぎファーウェイ向け 出荷を停止した。米中技術の覇権争いが 国内企業の経営にも影響してきた。
・政府の観光支援事業「Go To トラベル」に 参加する宿泊事業者が2万2千社と全体の6割超に達した。 利用者は延べ1300万人を超え、需要喚起の効果を 上げつつあるとみられる。10月から補助対象となる 見込みの東京発着分の割引商品の販売も 9月18日正午に始まる。最大市場の参加で 利用に弾みがつく一方、感染防止対策が一段と 重要になりそうだ。
本日の予定は下記のとおり。
【国内】 日銀の金融政策決定会合(17日まで) 8月の貿易統計(財務省、8:50) 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) 鈴木日証協会長の記者会見(14:30) 9月のESPフォーキャスト調査(日本経済研究センター、15:00) 三村日商会頭の記者会見(15:30) 臨時国会召集、首相指名選挙で新首相を選出
【海外】 マレーシアが休場 8月の英消費者物価指数(CPI、17:30) 7月のユーロ圏貿易収支(18:00) ブラジル中銀が政策金利を発表 8月の米小売売上高(21:30) 7月の米企業在庫(23:00) 9月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00) 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30) 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表(17日3:00) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長会見(17日3:30) 7月の対米証券投資(17日5:00)
[ASAP Mail / ST]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です