朝っぷ!20200914

20200914 ASAP by Sustainable Investor
<先週末のNY動向> 先週末の米株式市場は反発。ダウは、前日比131ドル06セント(0.5%)高の2万7665ドル64セント。 株価指標面で割安感が指摘される景気敏感株が上昇し、指数を押し上げた。 前日同様、スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフトなど 主力ハイテク株には午後から売り圧力が強まり、指数の重荷となった。 スポーツ用品のナイキが3%上昇し、過去1年(52週)の高値を付けた。 化学のダウや建機のキャタピラーなど景気敏感株の一角が上昇した。 金融のJPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカも堅調で、 ハイテク株に比べ指標面で割高感が乏しい主力株に打診買いを入れる動きがあったもようだ。 ダウ平均の上げ幅は一時、300ドルに迫った。 ダウ平均は下落する場面もあった。前日に続き、上昇して始まったGAFAM(グーグルの親会社アルファベット、 アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト)のハイテク株には午後から売り圧力が強まった。 アップルは3%安となる場面があった。 米議会では追加刺激策の交渉が進まず、11月の米大統領選前に経済対策の成立は困難との見方が増えている。 欧州では新型コロナウイルスの感染者数が増加。世界的に景気の先行きへの警戒が強まるなか、 割高感が指摘されるハイテク株には資金が入りにくくなっている面がある。
************************** 「日経新聞マジ読み投資術!」 複眼経済塾・塾長 渡部清二著 ベストセラー「四季報の達人が教える 10倍株・100倍株の探し方」の著者が 教える日経新聞読破の奥義! 各書店で好評発売中! urx2.nu/OrUl ***************************
<為替(6:30am)>  米ドル/円 106.09 – 106.14 ユーロ/円 125.56 – 125.65 ユーロ/米ドル 1.1838 – 1.1841 英ポンド/円 135.59 – 135.64 豪ドル/円 77.21 – 77.27 NZドル/円 70.66 – 70.75 ブラジルレアル/円 19.939 – 19.961 南アランド/円 6.3272 – 6.3416 トルコリラ/円 14.178 – 14.1999
<米国市場>  ダウ 27,665.64ドル (+0.48%) S&P500  3,340.97 (+0.05%) ナスダック 10,853.55(-0.60%) 米国債10年 0.6690% NY金 1,947.90ドル (-0.83%) NY原油 37.33ドル (+0.08%) CME日経平均先物 23190円(-0.04%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 23,406.49円(+0.736%) TOPIX 1,636.64(+0.724%) 東証1部時価総額 621,637,800百万円 東証1部売買代金  2,564,029百万円 日経平均ボラティリティインデックス 20.64 東証1部全銘柄平均PBR 1.22 東証1部全銘柄平均PER 24.17x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.15% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第126回債・20年9月募集) 新発10年国債 0.020 新発20年国債 0.395 債券先物 152.01円(+0.07円) コモンズ30 29873円(+159円) T&D債券ベア5倍 5,698円(-9円)
<国内上場企業の話題> ・三菱商事はインドネシアでスマートシティーの開発に乗り出す。 シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングス子会社と設立した合弁会社を通じ、 現地の不動産デベロッパー大手シナルマス・ランド社と共同で開発に着手。 総事業費は2千億円で100ヘクタールの土地に住宅や商業施設、病院などを建設する。 [三菱商事 (8058) 株価 2,559.5円、 PBR 0.73x、PER 18.89x、 配当 5.24%、貸借倍率 7.97x、 時価総額 3兆8027億円。 営業収益 12兆3000億円 営業利益 2800億円 自己資本比率 29.0%]
・ポーラ・オルビスホールディングス(HD)は11日、ANAホールディングスと宇宙で使える化粧品の開発を始めると発表した。 2023年の商品化を目指す。今後、ANAHDの飛行機内で実証実験する。 両社は宇宙で使える化粧品を開発するプロジェクト「CosmoSkin」を立ち上げた。 [ポーラ・オルビスホールディングス (4927) 株価 2,034円、 PBR 2.59x、PER 61.64x、 配当 3.93%、貸借倍率 0.79x、 時価総額 4660億円。 売上高 1900億円、 営業利益 190億円 自己資本比率 82.0%]
・IHIは火星探査機用の低燃費エンジンを開発した。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが進めるプロジェクト向けに、2023年度をメドに納入する。 火星探査は打ち上げから帰還まで往復約5年がかかるが、少ない燃料での飛行を可能とした。 長距離の飛行を支える技術開発が進めば、各国が取り組む宇宙探査の領域を広げそうだ。 [IHI (7013) 株価 1,572円、 PBR 0.72x、PER -x、 配当 0.00%、貸借倍率 4.28x、 時価総額 2431億円。 売上高 1兆2800億円 営業利益 470億円 自己資本比率 18.7%]
<その他の話題> ・国や中央銀行が管理できない資金の流れが膨らみ、当局が警戒を強めている。 11日、独仏など欧州の主要5カ国は暗号資産(仮想通貨)に厳しい規制を求める声明文を出した。 インターネット上で個人間でやり取りされる仮想通貨は、あっという間に国境をまたぐ。 国籍がない通貨には責任ある管理者がおらず、取引情報はあっても追跡できない。 マネーロンダリングやテロ資金になることを防ぐ仕組みづくりが急がれる。
・日米欧で企業や家計が現金や預金の形で持つマネーの量が急膨張している。 各国政府・中央銀行が新型コロナウイルス対策で巨額の給付金や融資に動き、 米国では7月に140年ぶりの高い伸びを示した。マネーはすぐには消費や設備投資に回らず、 一部は株式市場に流入し、相場の乱高下をもたらしている。
・トランプ米政権と連邦議会による追加の新型コロナウイルス対策の実現が遠のいている。 上院は10日、5000億ドル(約53兆円)規模の共和党案を事実上否決した。 与野党は合意に向けた作業を放棄しており、11月の大統領選前の成立は困難との見方も出てきた。 公的支援が突如切れる「財政の崖」が景気回復の足かせとなる。
本日の予定は以下の通り 【国内】 9月のQUICK月次調査<外為>(8:00) 7月の第3次産業活動指数(経産省、13:30) 7月の鉱工業生産指数確報値(経産省、13:30) 自民党総裁選、両院議員総会で投開票 【海外】 8月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30) 7月のユーロ圏鉱工業生産(18:00) [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です