朝っぷ!20200909

20200909 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式相場は3日続落。ダウは、前週末比632ドル42セント(2.3%)安の2万7500ドル89セントと、約1カ月ぶりの安値。 スマートフォンのアップルなど主要ハイテク株への売りが続いた。 素材や金融など景気敏感株の一角にも売りが広がった。 夏場に買われた銘柄を中心に利益確定や持ち高調整の売りが続いた。 ダウ平均の構成銘柄ではアップルが7%安、ソフトウエアのマイクロソフトや 顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムも5%安となった。 ハイテク株以外にも売りが広がった。中型機「787」の製造上の問題が報じられた航空機の ボーイングも6%下げ、ダウ平均の重荷となった。原油安で世界景気の先行き不透明感が改めて意識され、 石油のシェブロンが売られたほか、JPモルガン・チェースなど銀行株の下げも目立った。 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同465.44ポイント(4.1%)安の1万0847.69で終えた。 2日に付けた過去最高値からの下落率は「調整局面入り」とされる10%に達した。 GAFAM(グーグルの親会社アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト)は軒並み大幅安。 前週末にS&P500種株価指数への採用が見送られた電気自動車(EV)のテスラは2割下げた。 フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)も4%超下げた。 米政権が中国半導体大手への禁輸措置を検討しているとの報道を受け、半導体製造装置株に売りが広がった。
************************** 「日経新聞マジ読み投資術!」 複眼経済塾・塾長 渡部清二著 ベストセラー「四季報の達人が教える 10倍株・100倍株の探し方」の著者が 教える日経新聞読破の奥義! 各書店で好評発売中! urx2.nu/OrUl ***************************
<為替(6:48am)>  米ドル/円 105.97 – 106.00 ユーロ/円 124.75 – 124.84 ユーロ/米ドル 1.1773 – 1.1776 英ポンド/円 137.51 – 137.56 豪ドル/円 76.36 – 76.39 NZドル/円 70.07 – 70.14 ブラジルレアル/円 19.761 – 19.771 南アランド/円 6.2486 – 6.2559 トルコリラ/円 14.1505 – 14.1696
<米国市場>  ダウ 27,500.89ドル (-2.25%) S&P500  3,331.84 (-2.78%) ナスダック 10,847.69(-4.11%) 米国債10年 0.6869% NY金 1,938.60ドル (+0.22%) NY原油 36.87ドル (-7.27%) CME日経平均先物 23030円(-0.94%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 23,274.13円(+0.797%) TOPIX 1,620.89(+0.692%) 東証1部時価総額 616,129,100百万円 東証1部売買代金  2,094,100百万円 日経平均ボラティリティインデックス 22.67 東証1部全銘柄平均PBR 1.21 東証1部全銘柄平均PER 23.94x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.17% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第126回債・20年9月募集) 新発10年国債 0.035 新発20年国債 0.414 債券先物 151.84円(+0.09円) コモンズ30 29701円(+81円) T&D債券ベア5倍 5,729円(-17円)
<国内上場企業の話題> ・日本の主要企業で事業セグメント別の営業利益を10年前と比較したところ、2割の企業で「稼ぎ頭」が交代した。 総合スーパー事業の基盤をいかして金融事業を拡大させたイオンなど、 既存事業の強みも活用して新たな稼ぎ頭を育て上げた例が相次いだ。 稼ぎ頭が交代した企業全体の純利益の成長率は、非交代企業よりも大幅に高い結果となった。 [イオン (8267) 株価 2,642円、 PBR 2.09x、PER 372.11x、 配当 1.36%、貸借倍率 0.15x、 時価総額 2兆3036億円。 売上高 8兆2000億円 営業利益 750億円 自己資本比率 9.6%]
・ソニーは8日、電気自動車(EV)試作車の自動運転の機能向上に取り組む方針を示した。 川西泉執行役員が米アマゾン・ドット・コムのクラウド子会社のオンラインイベントに登壇し、 「将来的には特定の場所で自動車に運転を任せることができる『レベル4』の自動運転への発展を見据えている」と発言。 ソフトウエア更新でレベル向上を目指す考えを示した。 [ソニー (6758) 株価 8,235円、 PBR 2.44x、PER 19.72x、 配当 0.61%、貸借倍率 3.33x、 時価総額 10兆3848億円。 売上高 7兆9000億円、 営業利益 6900億円 自己資本比率 17.9%]
・紳士服大手のAOKIホールディングス(HD)がスーツ依存の経営からの脱却を急ぎ始めた。 ネットカフェなど娯楽業の出店を増やし、2023年3月期の営業利益でスーツを超える稼ぎ頭に育てる。 はるやまHDも理容店やクリーニング店がある複合型の店を倍増する。 新型コロナウイルスの流行でスーツ離れは加速し、既存の店舗を活用し生き残りを図る。 [AOKIホールディングス (8214) 株価 584円、 PBR 0.36x、PER -x、 配当 5.14%、貸借倍率 0.72x、 時価総額 529億円。 売上高 1450億円 営業利益 15億円 自己資本比率 60.5%]
<その他の話題> ・安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選が8日告示され、石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長が立候補した。 菅氏が党内7派閥のうち5派閥の支持を得て優勢を保つ。 同日には規制改革に関し「大胆に実行する」と表明した。石破、岸田両氏は地方票の上積みをめざす。
・新型コロナウイルスでサプライチェーン(供給網)が混乱したことを受け、 マスクや医薬品などを国内生産しようとする企業の動きが加速している。 国内への生産回帰を支援する政府の補助金への応募が殺到。 10月に採択予定の1600億円の競争率は11倍となった。 中国など特定国に調達先を依存するリスクを実感した企業が生産拠点を分散するケースが目立つ。
・ドイツ政府がこれまでの中国一辺倒のアジア政策の転換に動き始めた。 新たにまとめたインド・太平洋戦略で、日本や韓国など民主主義をはじめとした 共通の価値観を持つ国との関係強化を打ち出した。独の方針転換は、 中国への依存に対する欧州の警戒感の高まりを映している。
本日の予定は以下の通り 【国内】 8月のマネーストック(日銀、8:50) 6カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) 8月の工作機械受注額(速報値、日本工作機械工業会) 【海外】 7月の米消費者信用残高(4:00) 8月の中国消費者物価指数(CPI、10:30) 8月の中国卸売物価指数(PPI、10:30) ポーランド中銀が政策金利を発表 [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です