朝っぷ!20200330

20200330 ASAP by Sustainable Investor
<先週末のNY動向> 先週末の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落。ダウは、前日比915ドル39セント(4.1%)安の 2万1636ドル78セント。米国の新型コロナウイルスの感染者数が26日に中国を上回って世界最多となるなど、 感染拡大が続いた。世界的に外出制限の動きが広がり、人や物の移動の停滞長期化による景気不安から売りが膨らんだ。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、27日現在の世界の感染者数は58万人を超えた。 米国の感染者数は10万人近くと連日で急増した。世界経済の下押し圧力が強まるとの懸念が売りにつながり、 ダウ平均の下げ幅は1000ドルを超える場面もあった。 米国の大型経済対策の早期実現への期待でダウ平均は26日までの3日間で2割超上昇していたため、 週末を控えて短期的な利益を確定する売りも出た。米下院は27日午後、2兆ドル(約220兆円)規模の 経済対策法案を可決した。ただ市場は可決を織り込み済みで相場の反応は限られた。
*************************** 「日経新聞マジ読み投資術!」 複眼経済塾・塾長 渡部清二著 ベストセラー「四季報の達人が教える 10倍株・100倍株の探し方」の著者が 教える日経新聞読破の奥義! 各書店で好評発売中! urx2.nu/OrUl ***************************
<為替(6:22am)>  米ドル/円 107.7 – 107.75 ユーロ/円 119.82 – 119.92 ユーロ/米ドル 1.113 – 1.1134 英ポンド/円 133.73 – 134.49 豪ドル/円 66.19 – 66.29 NZドル/円 64.85 – 65.03 ブラジルレアル/円 21.115 – 21.127 南アランド/円 5.9759 – 5.9836 トルコリラ/円 16.6718 – 16.6899
<米国市場>  ダウ 21,636.78ドル (-4.06%) S&P500  2,541.47 (-3.37%) ナスダック 7,502.38 (-3.79%) 米国債10年 0.6762% NY金 1,654.10ドル (-0.37%) NY原油 21.51ドル (-4.82%) CME日経平均先物 ¥18560円(-2.73%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 19,389.43円(+3.883%) TOPIX 1,459.49(+4.299%) 日経平均ボラティリティインデックス 52.78 東証1部全銘柄平均PBR 1.05 東証1部全銘柄平均PER 14.32x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.68% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第120回債・20年3月募集) 新発10年国債 0.005 新発20年国債 0.295% 債券先物 152.34円(-0.27円) コモンズ30 25264円(+959円) T&D債券ベア5倍 5,674円(+50円)
<国内上場企業の話題> ・27日の東京株式市場でNTTドコモの株価が前日比170円(5%)高の3475円まで上昇し、 約18年ぶりの高値で取引を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大による業績下押し影響が比較的少ないと みられているうえ、外出自粛や在宅勤務で通信サービス需要が拡大するとの思惑が出ている。 機関投資家の大口の買いが入ったようだ。 [NTTドコモ(9437) 株価 3,475円、 PBR 2.10x、PER 19.38x、 配当 3.45%、貸借倍率 0.18x、 時価総額 11兆5899億円。 売上高 4兆6400億円 営業利益 8360億円 自己資本比率 72.5%]
・西村康稔経済財政・再生相は29日、新型コロナウイルスの感染拡大に備え、人工呼吸器の増産を関連企業に 要請する方針を明らかにした。「経済産業省で人工呼吸器を3000台確保しているが、 万が一の事態に備えて増産ができないかと調整している」と都内で記者団に語った。応じた企業には補助金などの支援策を講じる。 人工呼吸器は肺炎の重症患者に対し、呼吸を補助し生命維持のために使う。 西村氏は「日本の製造業はしっかりとした技術があるので、経産省で調整してしっかり確保したい」と 強調した。目標とする数は「できるだけ数多く」と述べた。政府関係者によると、 日本光電やアコマ医科工業(東京・文京)などと増産できないか調整している。海外製品も使われており、 スウェーデンのゲティンゲグループが大手だ。 [日本光電工業(6849) 株価 3,960円、 PBR 2.86x、PER 32.73x、 配当 0.88%、貸借倍率 0.60x、 時価総額 3513億円。 売上高 1860億円、 営業利益 160億円 自己資本比率 76.6%]
・ニトリホールディングスの2020年2月期の連結営業利益は、前の期比6%増の1070億円前後になったもようだ。 従来予想(3%増の1040億円)を上回り、33期連続で最高益を更新した。ベッドマットレスなどが好調だった。 新型コロナウイルスの感染拡大は懸念材料だが足元の国内売り上げは増加しており、 21年2月期も最高益の更新が続く可能性がある。 [ニトリホールディングス(9843) 株価 14,775円、 PBR 3.13x、PER 22.5x、 配当 0.73%、貸借倍率 2.83x、 時価総額 1兆6909億円。 売上高 6430億円 営業利益 1080億円 自己資本比率 82.8%]
<その他の話題> ・上場企業が2020年3月期の純利益予想を相次いで引き下げている。2月中旬からの下方修正の合計額は27日、 約1兆3000億円に達した。資源価格の急落とサプライチェーン(供給網)の混乱に、消費の落ち込みが加わる。 下方修正はさらに拡大する見通しで、投資家の慎重姿勢が一段と高まりそうだ。
・安倍晋三首相は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、過去最大規模の緊急経済対策を 策定するよう指示した。首相官邸での記者会見で「リーマン・ショックを上回るかつてない規模」と 強調した。当時の対策の事業規模56兆8千億円を超え、名目GDP(国内総生産)の1割以上にする。 経済減速の影響を受ける個人や中小企業に現金を給付し、雇用を維持する企業も支援する。
・新型コロナウイルスの感染拡大で、日本のメーカーの生産への影響が広がっている。 日本経済新聞が主要な製造業各社に取材したところ、回答企業の半数が米国と欧州の工場で生産を 停止していることが分かった。打撃が大きいのは需要減に直面する自動車だ。一方、中国は8割が平常操業に 回復し、停止の動きは中国から米欧に移った。6割の企業が2020年度の生産計画を19年度比で減らすとし、景気への悪影響は避けられない。
本日の予定は以下の通り 【国内】 ・3月のQUICK月次調査<債券>(11:00) ・マザーズ上場=NexTone ・名証セントレックス上場=ニッソウ ・2月期決算=しまむら 【海外】 ・シンガポール金融通貨庁(MAS)が金融政策見直し ・2月の米仮契約住宅販売指数(23:00) (注)時間は日本時間 [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です