朝っぷ!20200318

20200318 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式市場は大幅に反発、 ダウは1048ドル86セント(5.2%)高の 2万1237ドル38セント。 ムニューシン米財務長官は17日の記者会見で 「米国民に小切手を送るような施策を検討している」 と述べた。個人や企業の税金の支払いの 先送りなども含まれ、経済対策の規模は 1兆ドルになるという。大型の経済対策が 景気の一定の支えになると見方につながった。 米連邦準備理事会(FRB)は17日、 企業が短期資金の調達に使うコマーシャルペーパー (CP)を買い入れる緊急措置を発動すると発表した。 資金繰りが厳しくなった企業への支援を 好感した買いも入った。 化学のダウが21%高と急騰した。 経営トップが前日夕に中国需要の回復に言及した。 ハイテク株に値ごろ感や割安感に着目した買いが入り、 半導体のエヌビディアが11%高、ソフトウエアの マイクロソフトが8%高、ネット通販の アマゾン・ドット・コムが7%高と上げが目立った。 アマゾンは通販の需要拡大に対応し、前日に 10万人を新規採用すると発表したことも買い材料だった。 ダウ平均は朝方に300ドルあまり下げ、 2万ドルを下回る場面もあった。米商務省が 17日発表した2月の米小売売上高(季節調整済み)は 前月比0.5%減だった。市場予測(0.1%増)を下回り、 個人消費の先行き懸念が強まった。 世界景気が後退入りするとの見方も広がっている。
*************************** 「日経新聞マジ読み投資術!」 複眼経済塾・塾長 渡部清二著 ベストセラー「四季報の達人が教える 10倍株・100倍株の探し方」の著者が 教える日経新聞読破の奥義! 各書店で好評発売中! urx2.nu/OrUl ***************************
<為替(6:45am)> 米ドル/円 107.6 – 107.63 ユーロ/円 118.45 – 118.49 ユーロ/米ドル 1.1004 – 1.1008 英ポンド/円 129.68 – 129.93 豪ドル/円 64.65 – 64.74 NZドル/円 64.01 – 64.1 ブラジルレアル/円 21.487 – 21.495 南アランド/円 6.4966 – 6.5082 トルコリラ/円 16.8093 – 16.8309
<米国市場> ダウ 21,237.38ドル (+5.20%) S&P500  2,529.19 (+6.00%) ナスダック 7,334.78 (+6.23%) NY金 1,525.80ドル (+2.64%) NY原油 26.95ドル (-6.10%) CME日経平均先物 17,105円(+2.60%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 17,011.53円 (+0.055%) TOPIX 1268.46 (+2.597%) 日経平均ボラティリティインデックス 56.63 東証1部全銘柄平均PBR 0.92x 東証1部全銘柄平均PER 12.17x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 3.08% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第120回債・20年3月募集) 新発10年国債 0.000% 新発20年国債 0.276% 債券先物 152.56(-0.32円) コモンズ30 21,917円(+415円) T&D債券ベア5倍 5,647円(+58円) 
<国内上場企業の話題> ・全日本空輸(ANA)は17日、 3月29日から4月24日にかけて、 国際線の約55%に当たる2630便を 運休すると発表した。運休の割合は 大幅に拡大する。新型コロナウイルスの 感染拡大から、4月の同社の国際線の 予約数は前年同月比6割減少しており、 需要の減少に合わせて供給座席を絞る。 [ANAホールディングス(9202) 株価2611円、PBR0.78x、 PER9.39x、配当2.87%、 貸借倍率0.35x、 時価総額9099億円。 売上高2兆0700億円、 営業利益1385億円、 自己資本比率42.3%]
・「エリエール」ブランドなど衛生用紙の最大手、 大王製紙の成長戦略が再評価されつつある。 トイレットペーパーなどの一過性の 買い占めの動きではなく、長期運用の投資家は 国内の紙需要の変化に目を向けている。 印刷用紙離れと衛生用紙の需要増で、 新型コロナウイルスの感染拡大は この流れに拍車をかける可能性がある。 [大王製紙(3880) 株価1434円、PBR1.13x、 PER11.33x、配当0.73%、 貸借倍率0.31x、 時価総額2204億円。 売上高5600億円、 営業利益300億円、 自己資本比率25.5%]
・冷凍食品の最大手、ニチレイの業績が 見通しにくくなってきた。新型コロナウイルスで 「巣ごもり消費」が広がる一方、業務用の 加工品などは需要が減る懸念が出てきた。 株価は逆行高の翌日から急落するなど、 投資家の評価は揺れている。 [ニチレイ(2871) 株価2430円、PBR1.80x、 PER16.19x、配当1.73%、 貸借倍率0.83x、 時価総額3401億円。 売上高5850億円、 営業利益305億円、 自己資本比率45.8%]
<その他の話題> ・株式市場で個人向けの金融商品を通じた 「逆回転リスク」が高まっている。 日経平均株価が一定範囲なら高利回りが得られる 仕組み債で、条件範囲の下限を下回る 「ノックイン」が急増するラインが迫っている。 日経平均がノックイン水準を下回ると 一段と売られる需給上の節目になっており、 株価下落を加速させかねないと警戒が高まっている。
・日銀が金融市場への資金供給を増やしている。 17日には米連邦準備理事会(FRB)などと 合意した枠組みで米ドルを金融機関に供給する オペ(公開市場操作)を初めて実施。 上場投資信託(ETF)も1日分として 過去最大の約1200億円を購入した。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う 市場の動揺を抑えるため、16日に決めた 対策を早速実行に移している。
・東京証券取引所は上場廃止や新規株式公開 (IPO)の基準を一時、緩める。企業が債務超過と なった場合の上場廃止までの猶予期間を1年から 2年に延ばす。IPOでも収益性の判断を柔軟にする。 新型コロナウイルスの影響で業績が悪化する 企業は多い。特別措置として安全網を敷き、 市場の不安の目が企業に向くのを防ぐ。
本日の予定は下記のとおり。
【国内】 2月の貿易統計(財務省、8:50) 2019年10〜12月期の資金循環統計速報(日銀、8:50) 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20) 笹島地銀協会長の会見(14:00) 鈴木日証協会長の記者会見(14:30) 三村日商会頭の記者会見(15:30)
【海外】 10〜12月期決算=騰訊控股(テンセント) 2月の米住宅着工件数(21:30)

[ASAP Mail / ST]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です