朝っぷ!20200225

20200225 ASAP by Sustainable Investor
<今朝のNY動向> 今朝の米株式相場は大幅に3日続落。ダウは、前週末比1031ドル61セント(3.56%)安の2万7960ドル80セント。 下げ幅は2018年2月8日(1033ドル安)以来、過去3番目の大きさだった。新型肺炎の感染拡大への懸念から アジアや欧州株が大幅安となり、米国株にも運用リスクを回避する売りが幅広い銘柄で出た。 昨年末終値(2万8538ドル44セント)を下回り、年初来で2.0%安と下げに転じた。 イタリアや韓国など中国以外で新型肺炎の感染者数が急増し、市場心理を冷やした。 ダウ平均は全30銘柄が下げ、業種別のS&P500種株価指数は全11業種が下げた。 米株式相場の予想変動率を示す変動性指数(VIX)は一時、5割高の26台まで上昇した。20を超えると不安心理が高まった状態とされる。
*************************** 「日経新聞マジ読み投資術!」 複眼経済塾・塾長 渡部清二著 ベストセラー「四季報の達人が教える 10倍株・100倍株の探し方」の著者が 教える日経新聞読破の奥義! 各書店で好評発売中! urx2.nu/OrUl ***************************
<為替(6:46am)>  米ドル/円 110.69 – 110.72 ユーロ/円 120.11 – 120.15 ユーロ/米ドル 1.0851 – 1.0853 英ポンド/円 143.06 – 143.11 豪ドル/円 73.09 – 73.1 NZドル/円 70.18 – 70.19 ブラジルレアル/円 25.221 – 25.234 南アランド/円 7.3012 – 7.3071 トルコリラ/円 18.0848 – 18.0983
<米国市場>  ダウ 27,960.80ドル (-3.56%) S&P500  3,225.89 (-3.35%) ナスダック 9,221.28 (-3.71%) 米国債10年 1.3688% NY金 1,663.00ドル (+0.86%) NY原油 51.27ドル (-3.95%) CME日経平均先物 ¥22165円(-4.83%、大証終値比)
<日本市場> 日経平均 23,386.74円(-0.393%) TOPIX 1,674.00(-0.028%) 日経平均ボラティリティインデックス 18.91 東証1部全銘柄平均PBR 1.20 東証1部全銘柄平均PER 15.88x 東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.35% 個人向変動利付国債10年 0.05% (第119回債・20年2月募集) 新発10年国債 -0.060 新発20年国債 0.222% 債券先物 152.90円(+0.26円) コモンズ30 28776円(-90円) T&D債券ベア5倍 5,580円(-49円)
<国内上場企業の話題> ・東レは衣料などに広く使われるポリエステル繊維について、世界初となる100%植物由来の製品を 2020年代前半にも量産する。石油原料から切り替え、脱炭素化につなげる。環境に配慮した商品やサービスを 求める「エシカル消費」が広がりつつあり、アパレルメーカーから新たな素材の需要が増えるとみている。 環境技術が企業の成長を一段と左右する。 [東レ(3402) 株価 704.6円、 PBR 1.01x、PER 15.66x、 配当 2.27%、貸借倍率 15.39x、 時価総額 1兆1495億円。 売上高 2兆2500億円 営業利益 1300億円 自己資本比率 41.4%]
・二酸化炭素(CO2)を出さないクリーンエネルギーである水素。その製造や運搬を支えるインフラ機器の 開発が相次いでいる。日本製鋼所は低コストの貯蔵容器を国内外で販売する。旭化成は2025年にも 大型の水素製造装置を発売する。水素は次世代エネルギーの一つとして期待されているがコストの高さが 普及の壁になっている。課題解決に向けてインフラが果たす役割は大きい。 [日本製鋼所(5631) 株価 1,785円、 PBR 0.98x、PER 11.93x、 配当  3.08%、貸借倍率 1.75x、 時価総額 1326億円。 売上高 2250億円、 営業利益 190億円 自己資本比率 44.3%]
・ソニーは24日、次世代通信規格「5G」に対応したスマートフォンの商品戦略を発表した。 カメラ機能を強化し、1秒間に20枚の写真を撮影できる一般消費者向けの5Gスマホを今春に発売。 通信性能を高め、放送用カメラを5Gでネットに接続するテザリング機能を備えた事業者向けも開発する。 プロのクリエーターに照準を定め、5Gの新たな用途を開拓する。 [ソニー(6758) 株価 7,479円、 PBR 2.36x、PER 15.54x、 配当 0.6%、貸借倍率 3.12x、 時価総額9兆5207億円。 売上高 8兆5000億円 営業利益 8800億円 自己資本比率 17.8%]
<その他の話題> ・世界の金利が再び低下している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で世界経済の下振れリスクが 高まっており、景気を下支えするため新興国で利下げが相次いでいる。先進国でも米国では 超長期の30年物国債の利回りが過去最低となった。金利の低下は景気を刺激する効果が見込まれる半面、 新興国では通貨安を招き、自国通貨でみた債務負担が膨らむリスクも抱える。
・政府は23日、首相官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部を開いた。加藤勝信厚生労働相は終了後の 記者会見で「感染者が拡大しており、移行期だ。患者増加のスピードを抑制することが非常に重要だ」と 表明した。今後、患者が増えるケースとして「急拡大」「徐々に増加」の2つのグラフを示して 「我々が立っているのは枝分かれの時期だ」と説明した。政府は25日にも総合的な対策の基本方針を 決定する予定だ。24日に専門家会議を開き、基本方針をめぐって協議する。
・新型肺炎の感染拡大をきっかけに24日、アジアと欧州で連鎖的な株安が広がった。 韓国の主要株価指数が前週末比4%下落。東京市場は休場だったが、海外市場で日経平均先物が急落した。 欧州株も大幅安になっている。韓国やイタリアなど中国以外で感染者が急増し、新型肺炎の実体経済への 影響は想定よりも大きくなるとの警戒感が強まっている。
・本日の予定は以下の通り 【国内】 閣議 1月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50) 12月の景気動向指数確報値(内閣府、14:00) 1月の白物家電出荷額(JEMA、10:00) 1月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00) 中西経団連会長の記者会見(15:30) マザーズ上場=AHCグループ 【海外】 フィリピンが休場 12月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(23:00) 2月の米消費者信頼感指数(26日0:00) クラリダ米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(26日5:00) 海外10〜12月期決算=ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングス 海外11〜1月期決算=ホーム・デポ、セールスフォース・ドットコム [ASAP Mail / YT]
———————– 朝っぷは携帯購読が便利! ニュースのエッセンスを毎日フォローして 世界とつながろう。 朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!
是非お友達をご紹介下さい! 登録簡単!無料!ココから regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5
配信停止の手続きはコチラからお願いします。 regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3
ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。 www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html
注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。 注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。
[DISCLAIMER] 朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
(株)サステイナブル・インベスター 〒905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7 TEL:0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です