20181227

Wed, 26 Dec 2018 22:14:10 +0000

20181227

ASAP by Sustainable Investor

 

<今朝のNY動向>

今朝の米株式相場は5営業日ぶりに大幅に反発。ダウは、24日終値に比べ1086ドル25セント高の22878ドル45セントで終えた。上げ幅は20081013日の936ドルを超え、過去最大となった。前営業日まで大幅な下げが続いていたため、短期的な戻りを期待した買いが幅広い銘柄に集まった。上昇率は093月下旬以来ほぼ99カ月ぶりの高さだった。

小売株の上昇も相場を押し上げた。クレジットカードのマスターカードが年末商戦期の小売売上高が過去6年で最も高い伸びだったと26日発表した。収益が鈍化するとの警戒感が後退し幅広い銘柄に買いが膨らんだ。米原油先物相場が大幅高だったのも指数の押し上げにつながった。取引終了にかけて買いの勢いが増す展開だった。「コンピューターのアルゴリズム(自動計算)による機械的な買いも入った」といい、ダウ平均は構成する全30銘柄が最低でも2%あまり上昇した。

 

***************************

「日経新聞マジ読み投資術!」

複眼経済塾・塾長 渡部清二著

ベストセラー「四季報の達人が教える

10倍株・100倍株の探し方」の著者が

教える日経新聞読破の奥義!

各書店で好評発売中!

http://urx2.nu/OrUl

***************************

 

<為替(6:56am)> 

米ドル/            111.36    111.37

ユーロ/            126.43    126.48

ユーロ/米ドル     1.1351    1.1354

英ポンド/        140.68    140.72

豪ドル/            78.71      78.73

NZドル/         74.89      74.90

ブラジルレアル/            28.39      28.40

南アランド/     7.6401    7.6579

トルコリラ/     21.1022  21.1159

 

<米国市場> 

ダウ 22,878.45ドル (4.89%)

S&P500  2,467.70  (4.96%)

ナスダック 6,554.36 (+5.84%

米国債10年 2.7971%

NY金 1,269.60ドル (-017%)

NY原油 46.73ドル (+9.88%

CME日経平均先物 ¥20,025円(+3.27%、大証終値比)

 

<日本市場>

日経平均 19,327.06円(+0.894%

TOPIX 1,431.47(+1.124%

日経平均ボラティリティインデックス 30.91

東証1部全銘柄平均PBR 1.07

東証1部全銘柄平均PER 12.09x

東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.64%

個人向変動利付国債10年 0.05% (第105回債・1812月募集)

新発10年国債 0.010%

新発20年国債 0.517%

債券先物 152.39円(-0.13円)

コモンズ30 23,681円(+393円)

T&D債券ベア5倍 5,747円(+25円)

住宅ローンフラット35 1.210%(固定35年、団信無し)

 

<国内上場企業の話題>

国内の水産ビジネスが「海から陸」への転換点を迎えている。マルハニチロや日本水産など水産大手が陸上で養殖したサーモンなどの出荷を始め、商社も続く。環境保護意識の高まりを受け、世界の養殖量は漁獲量を上回るが、日本ではまだ少ない。コストをIT(情報技術)などで一層抑えられれば、インフラとして輸出できる可能性もある。

 

・[マルハニチロ(1333

株価 3,585円、

PBR 1.57xPER 11.1x

配当 1.12%、貸借倍率 2.38x

時価総額 1887億円、

売上高 9200億円、

営業利益 250億円

自己資本比率 22.3%

 

・ライオンは26日、2021年中に香川県坂出市に歯磨き粉の新工場を稼働すると発表した。同社として歯磨き粉の国内工場の新設は52年ぶりとなる。投資額は約400億円で年産能力は約13千万本。生産品目は未定だが、虫歯予防効果などをうたった高付加価値品を増産するもよう。高級日用品需要の拡大に対応し、アジア向けの輸出なども視野に入れる。

 

[ライオン(4912

株価 2,118円、

PBR 3.28xPER 22.8x

配当0.94%、貸借倍率 0.27x

時価総額 6335億円。

売上高  3550億円

営業利益 330億円

自己資本比率 54.2%

 

・中外製薬の業績が拡大している。201812月期の連結営業利益(国際会計基準)は、無形資産の償却費などを除いたベースで前期比2割増の1200億円強になりそうだ。従来予想(1080億円)を上回り、最高益を更新する。親会社のスイス製薬大手ロシュ向けや国内で抗がん剤などの主力品が伸びる。事業売却益や新薬開発に伴う一時金収入も利益を押し上げる。

 

[中外製薬(4519

株価 6,416円、

PBR 4.77xPER 42.06x

配当  0.97%、貸借倍率 1.31x

時価総額 35707億円。

売上高  5950億円、

営業利益 1230億円

自己資本比率 83.0%

 

<その他の話題>

・金融庁は上場企業に有価証券報告書の記載内容を大幅に拡充するよう促す。取締役会で議論した事業戦略やリスク、株主還元策などを明記し、経営の方向性を詳細に示すよう求める。開示義務のある数値を形式的に示すだけでなく、投資家のニーズにあわせて企業の将来性などを分析しやすくする。上場企業の情報開示を強化し、中長期の投資マネーを呼び込む。

 

・日本経済新聞社と日経QUICKニュースがまとめた中国エコノミスト調査によると、中国の2019年の実質国内総生産(GDP)伸び率の予測平均値は6.2%だった。米中貿易戦争の影響が本格的に表れ、29年ぶりの低水準にとどまる見通し。景気対策の効果が出るのは19年下期以降との見方が多く、中国経済の先行きは不透明感が増している。

 

・シリア情勢を巡って対立してきた米国とトルコの関係が急改善している。トランプ米大統領がシリアからの米軍撤退を決めたことで、トルコが敵視するシリアのクルド人勢力への支援停止が決まり、2国間の最大の懸案が解消するためだ。2019年にはトランプ氏のトルコ訪問が実現する可能性もある。

 

・本日の予定は以下の通り

【国内】

11月の建機出荷額(建設機械工業会、1200

11月の住宅着工戸数(国交省、1400

3~11月期決算=Jフロント、ニトリHD

【海外】

1~11月の中国工業企業利益(1030

米新規失業保険申請件数(週間、2230

11月の米新築住宅販売件数(28日0:00

12月の米消費者信頼感指数(28日0:00

 

[ASAP Mail / YT]

 

———————–

朝っぷは携帯購読が便利!

ニュースのエッセンスを毎日フォローして

世界とつながろう。

朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!

 

是非お友達をご紹介下さい!

登録簡単!無料!ココから

https://regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5

 

配信停止の手続きはコチラからお願いします。

https://regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3

 

ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。

https://www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html

 

注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。

注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。

 

[DISCLAIMER]

朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。

 

(株)サステイナブル・インベスター

905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7

TEL0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です