20190823

Thu, 22 Aug 2019 21:31:30 +0000

20190823

ASAP by Sustainable Investor

 

<今朝のNY動向>

今朝の米株式市場は続伸。ダウは、前日比49ドル51セント(0.2%)高の26252ドル24セント。ダウ平均は下げに転じる場面があった。22日から各国の中央銀行関係者などが集うジャクソンホール会議を主催するカンザスシティー連銀のジョージ総裁が米CNBCのインタビューで7月の利下げは「必要ではなかった」との見解を示した。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は政策金利について「しばらくは現水準にとどまり状況を見極めるべきだ」と述べた。追加利下げへの期待が後退し、投資家心理が悪化した。

IHSマークイットが22日発表した8月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.9と、好不況の境目とされる50をほぼ10年ぶりに下回った。米債券市場では10年債利回りが2年債利回りを下回る場面があった。米景気の先行き不透明感が意識され、相場の重荷になった。

 

***************************

「日経新聞マジ読み投資術!」

複眼経済塾・塾長 渡部清二著

ベストセラー「四季報の達人が教える

10倍株・100倍株の探し方」の著者が

教える日経新聞読破の奥義!

各書店で好評発売中!

http://urx2.nu/OrUl

***************************

 

<為替(6:22am)> 

米ドル/            106.40    106.42

ユーロ/            117.91    117.96

ユーロ/米ドル     1.1079    1.1084

英ポンド/        130.34    130.39

豪ドル/            71.90      71.93

NZドル/         67.77      67.83

ブラジルレアル/            26.139    26.147

南アランド/     6.9752    6.9811

トルコリラ/     18.4373  18.4472

 

<米国市場> 

ダウ 26,252.24ドル (0.19%)

S&P500  2,922.95  (-0.05%)

ナスダック 7,991.39 (-0.36%

米国債10年 1.6063%

NY金 1,507.60ドル (-0.53%)

NY原油 55.39ドル (-0.52%

CME日経平均先物 ¥20,600円(-0.10%、大証終値比)

 

<日本市場>

日経平均 20,628.01円(+0.045%

TOPIX 1,498.06(+0.036%

日経平均ボラティリティインデックス 17.56

東証1部全銘柄平均PBR 1.11

東証1部全銘柄平均PER 13.15x

東証1部全銘柄加重平均配当利回り 2.62%

個人向変動利付国債10年 0.05% (第113回債・198月募集)

新発10年国債 -0.245%

新発20年国債 0.086%

債券先物 154.98円(+0.05円)

コモンズ30 25204(56円)

T&D債券ベア5倍 5,237(-9円)

 

<国内上場企業の話題>

・日立製作所は画像診断機器事業を売却する方針だ。売却先の選定に入っており、海外の投資ファンドなどが買収に関心を示している。売却額は1000億円を超える可能性がある。子会社である日立化成の売却手続きも進めており、収益重視の選択と集中を加速。インフラやIT(情報技術)に経営資源を集中し、海外勢との競争に勝つ体制づくりを急ぐ。

[日立製作所(65601

株価 3,650円、

PBR 1.08xPER 8.11

配当 2.47%、貸借倍率 3.68x

時価総額  3兆5305億円、

売上高 90000億円、

営業利益 7500億円

自己資本比率 33.9%

 

・ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインは22日、経営統合で交渉入りしたことについて東京都内で記者会見を開いた。マツキヨHDが売上高首位から陥落して3年。統合で3400万人となる顧客データの活用をてこに、強みのプライベートブランド(PB)を一層強化して再び成長を目指す。

[マツモトキヨシホールディングス(3088

株価 3,750円、

PBR 1.84xPER 14.8x

配当1.87%、貸借倍率 0.76x

時価総額 4097億円。

売上高 6000億円

営業利益 370億円

自己資本比率 65.7%

 

・東レの株価に回復の兆しが見えてきた。米ボーイングの中型旅客機「787」向け構造部材が伸び、201946月期の炭素繊維事業の営業利益が前年同期に比べて90%増えたことがきっかけだ。株価チャートでみても、13週の移動平均が26週を下から上へ突き抜けており、先高期待につながっている。

[東レ(3402

株価 750.6円、

PBR 1.06xPER 12.92x

配当  2.13%、貸借倍率 5.09x

時価総額  12245億円。

売上高 25300億円、

営業利益  1600億円

自己資本比率 40.6%

 

<その他の話題>

・韓国大統領府は22日、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を開き、日韓で防衛秘密を共有する日韓軍事情報包括保護協定の破棄を決めた。輸出管理を厳しくした日本への反発から韓国政府内では破棄論が強まっていた。北朝鮮がミサイル発射を繰り返すなか、日米韓の安全保障協力に影響を与えるのは確実だ。

 

・工作機械のアジア向け受注低迷が続いている。日本工作機械工業会(日工会)が22日発表した7月の受注状況(確報値)によると、アジア向け受注が前年同月比で36.0%減の224億円だった。250億円を割るのは28カ月ぶり。米中貿易摩擦の影響を受ける中国に加え、インド向けでも受注が大幅減になるなど厳しい状況が続く。

 

・英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、英国のジョンソン首相は独仏首脳との初会談に相次いで臨んだ。メルケル独首相とは懸案であるアイルランド国境問題の解決策を英側が30日以内に提示することで折り合った一方、独仏両首脳から離脱の行方を決める責任は英国にあるとクギを刺された。国境問題への妙案が短期間で見つかる保証はなく、10月末の期限が迫る「合意なき離脱」を回避する道筋は見えないままだ。

 

・本日の予定は以下の通り

【国内】

7月の全国消費者物価指数(CPI、総務省、8:30

3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、1020

【海外】

安倍晋三首相、フランス・ビアリッツで開催の主要7カ国首脳会議(G7サミット)へ(27日まで)

7月の米新築住宅販売件数(2300

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(ワイオミング州ジャクソンホール、2300

 [ASAP
Mail / YT]

 

———————–

朝っぷは携帯購読が便利!

ニュースのエッセンスを毎日フォローして

世界とつながろう。

朝イチ新鮮30秒読みの朝っぷ!

 

是非お友達をご紹介下さい!

登録簡単!無料!ココから

https://regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbn-957adb34db251ec43307f65a879a0cb5

 

配信停止の手続きはコチラからお願いします。

https://regist02.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rar-milbo-17353e26a53ff2f3e14c2eaff03105a3

 

ご意見ご要望、アドレス変更等は下記フォームからご連絡下さい。

https://www.sustainable-investor.co.jp/si/inquiry/form.html

 

注:記事紹介の中での[ ]{ }内は当社コメント。

注2:企業情報の売上高、営業利益等の決算数値は、原則、会社発表の今期決算予想の数値。ただし、会社発表数値が無い場合は、当社の独自予想の数値を記載する場合があります。

 

[DISCLAIMER]

朝っぷ!は客観的情報の紹介・提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。

 

(株)サステイナブル・インベスター

905-0021 沖縄県名護市東江5-14-7

TEL0980-52-4700

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です